コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビーフ コンビーフ corned beef

7件 の用語解説(コンビーフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンビーフ
コンビーフ
corned beef

塩蔵した牛肉を缶詰にしたもの。古くは粒状 (コーン) の粗塩を用いて塩蔵したのでコーンビーフ corned beef (塩蔵牛肉) と呼ばれる。原料肉としては良質の牛肉を用いることは少く,おもに老廃牛の肩部,頸部,胸部などの中等以下の肉を用いるのが普通で,これらの原料肉から大きな腱などを除いて適当な肉片に切断し,ハムの製造の場合と同じように食塩,硝石で血しぼりを行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コン‐ビーフ(corned beef)

《「コーンビーフ」とも。cornは、塩漬けにして保存するという意》牛肉を、食塩と少量の硝石などを加えて塩蔵した後、蒸し煮してほぐし、調味料・香辛料などをまぜて圧縮したもの。缶詰にしたものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コンビーフ

コーンドビーフcorned beefの略。元来は塩蔵牛肉の意で硝石や香料を混ぜて漬け込んだものをいうが,日本では一般に缶詰肉をさす。牛肉を塩漬けして煮,冷やして筋などを除き,肉の繊維をほぐして調味料や食用油脂を混ぜ,缶に詰める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コンビーフ

 本来は塩漬けした牛肉を煮たものをいうが,わが国では塩漬けした牛肉を湯煮か蒸煮して身をほぐし,調味して缶詰にしたものをいう場合が多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンビーフ【corned beef】

塩蔵牛肉の意で,一般には塩づけした牛肉を蒸煮したもの,とくに,その缶詰製品を指す。牛肉を適宜の塊に切り,食塩,亜硝酸ナトリウム硝酸カリウム(硝石)を加えて数日間冷蔵する。これを蒸気がまに入れ,115℃前後で60~90分蒸煮したのち,すじなどを除きながら肉の繊維をほぐし,調味料,香辛料,油脂,肉汁などを混ぜて缶詰にする。塊のままほぐさずに製品とするものもある。現在の市販品には牛肉以外の畜肉を混用することもあり,日本農林規格はそれらの畜肉コンビーフ缶詰について,畜肉とは牛肉,馬肉,メンヨウ肉,ヤギ肉または豚肉をいい,食用油脂を混和してよいとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コンビーフ【corned beef】

牛肉の塊を煮て、細かくほぐし、調味してから牛脂とともに缶詰にしたもの。コーンド-ビーフ。コーン-ビーフ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンビーフ
こんびーふ
corned beef

牛肉の塩蔵加工品の一種。この名称は、17世紀ごろまでは粒状(コーン)の粗塩を用いて塩蔵したので、コンビーフ(塩蔵肉)の名が生まれたという。製法は、牛肉の脂肪の少ない部分から骨、腱(けん)、余分の脂肪、大きな血管などを除き、3%の食塩と0.1%の硝石などの発色剤、調味料、香辛料などを加えて数日間低温で塩蔵し、115℃で100分間ほど蒸し煮し、温かいうちに肉の繊維をほぐし、通常は食用油脂、調味料、香辛料で調味して缶詰や瓶詰にする。ほぐさずに塊のまま製品にするものもある。日本では、牛肉以外に馬肉、豚肉、羊肉なども使われ、食肉を塩漬(えんせき)し、煮熟(しゃじゅく)して詰めたもの全体を「コーンドミート」、そのなかで牛肉のみを使用したものを「コンビーフ」という。牛肉と馬肉を使用したものは、以前はニューコンビーフと表示することができたが、2006年(平成18)にJAS(ジャス)(日本農林規格)により「ニューコンミート」または「ニューコーンドミート」の品名に改正された。
 コンビーフは、脂肪分が多く、適度の塩味があるので、煮込み物、サラダ、炒(いた)め物など、各種の料理に肉を加えるとともに、調味材として利用することができる。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンビーフの関連キーワード開化丼牛肉と馬鈴薯・牛肉と馬鈴藷牛飯さしシュニッツェル細切れ銘柄牛肉子牛肉サシ(牛肉の)ユッケジャン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンビーフの関連情報