コンプレックス(英語表記)complex

翻訳|complex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプレックス
complex

精神分析で使われる概念。無意識のなかに抑圧され,凝固し,そのために意識された精神生活に影響を与え,ときに強い感動を誘発する観念複合体をいう。さまざまな解釈があり,性的抑圧を重視する古典派のほかに,優越感劣等感を重視する学派などがある。エディプス・コンプレックスエレクトラ・コンプレックスは性心理の発達にかかわるひずみであるから,単に両親との関係にとどまらず,多くの場合,対人関係の障害を伴う。コンプレックスは日常生活のなかにも現れるが,また神経症の症状を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンプレックス(complex)

精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象が複合した心理。抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。マザーコンプレックスエディプスコンプレックスインフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情複合観念
日本では特に、インフェリオリティーコンプレックス(劣等感)の意味で使われる。「強いコンプレックスを抱く」
複雑に関連していること。複合的であること。複合体。「シネマコンプレックス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コンプレックス【complex】

自分が他より劣っているという感情。劣等感。
〘心〙 精神分析の用語。強い感情やこだわりをもつ内容で、ふだんは意識下に抑圧されているもの。エディプス-コンプレックス・劣等コンプレックスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コンプレックス

(Komplex complex)
[1] 〘語素〙 (主に社会学、文化人類学などで) 複合したもの。〔外来語辞典(1914)〕
[2] 〘名〙
① 精神分析の用語。心の中のしこり。要求阻止が原因となって抑圧され、無意識のうちに形成され情緒的に強く色づけられた観念の複合。観念複合体。錯綜体(さくそうたい)
※新しき立身道(1937)〈大槻憲二〉「常識的に云って浅慮ですが、分析学的にはコムプレクス(無意識病理)的であります」
※もて遊び草(1956)〈舟橋聖一〉「それに対してコンプレックスを感じたことは一度もなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンプレックスの関連情報