コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンフォース コーンフォースCornforth, Sir John Warcup

4件 の用語解説(コーンフォースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンフォース
コーンフォース
Cornforth, Sir John Warcup

[生]1917.9.7. シドニー
オーストラリア生れのイギリスの化学者。シドニー大学およびオックスフォード大学で学ぶ。ロンドンにある医学研究会議研究員 (1946~65) を経て,シェル石油会社のミルステッド研究所の所長 (62~75) ,ウォリック大学教授 (65~71) ,サセックス大学教授 (71~75) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーンフォース
コーンフォース
Cornforth, Maurice

[生]1909
イギリスのマルクス主義哲学者。ロンドン大学ケンブリッジ大学に学び,1931年イギリス共産党に入党した。党の哲学理論の領域の担当者として,一方でマルクス主義哲学の学習書,入門書などを執筆し,他方で観念論哲学やプラグマティズム論理実証主義などの批判的研究を行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンフォース
こーんふぉーす
John Warcup Cornforth
(1917―2013)

イギリスの化学者。オーストラリアのシドニーで生まれる。1937年シドニー大学を卒業、さらにイギリスのオックスフォード大学に留学、ロビンソンの研究室に入り、有機化学を学び、おもにペニシリンについて研究した。1946年イギリスの医学研究評議会の研究員となり、ステロイド合成の研究を行った。1962年から1975年までシェル・リサーチ社のミルステッド化学酵素研究所で研究を続け、1975年にサセックス大学の教授となり、1982年まで務めた。彼は10歳ごろから聴力が衰え、大学時代にはまったく耳が聞こえなくなってしまった。その後の生活では公私ともに妻のリタRitaが支えとなった。
 コーンフォースは、コレステロールに注目し、その生体内での合成の過程を研究した。彼はラジオ・アイソトープ(RI)をトレーサー(追跡子)に用いて、酢酸の二つの炭素分子をRIで標識し、コレステロールが生合成される各段階を詳しく解析した。また、その各段階における酵素の働きを立体化学の方面から研究し、多くの成果を得た。そのため、1975年に「酵素触媒反応の立体化学における業績」に対してノーベル化学賞を、プレローグとともに受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コーンフォースの関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーンフォースの関連情報