コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイセン ゴイセン Geuzen

2件 の用語解説(ゴイセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイセン
ゴイセン
Geuzen

スペインの圧政に対して反乱を起したオランダの貴族およびカルバン派信徒の集団。オランダ語ではヘーゼン,「乞食ども」の意。 1566年多数のオランダ貴族がブリュッセルの宮廷に統治改善の請願書を提出したとき,総督パルマ公妃 (マルゲリータ・ディ・パルマ ) の側近が彼らを「乞食ども」と嘲笑したことから,反乱者はみずからこの名前を名のった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイセン
ごいせん
Geusenドイツ語

オランダ語ではヘーゼンという。「乞食(こじき)」の意で、16世紀ネーデルラントにおいてスペインの圧政に対抗して同盟した貴族の呼称。トレント公会議の決定に基づいて異端審問を強行したスペイン王フェリペ2世に対し、ナッサウ伯ルートウィヒ、ブレーデローデ伯ヘンドリックらが中心となって1565年同盟が結ばれた。翌66年4月、彼らはブリュッセルの総督邸に集結し、総督(女公)マルゲリータ・ディ・パルマに対し統治改善の請願を行ったが、その際バルレーモン伯シャルルが女公に「たかがゴイセン(乞食)の群れにすぎませぬ」といったことからこの呼称が始まったとされる。4月8日彼らは集会を開いたが、このとき乞食袋を身にまとって現れたヘンドリックが「乞食」のためにと祝杯をあげるや、「乞食万歳」の歓声がおこった。以後ゴイセンは、それまでのカトリックとカルバン派の連合的性格を失い、主としてカルバン派の集団となり、スペインに対する公然たる抵抗運動を展開し、ネーデルラント愛国者の名称となった。1567年フェリペ2世から派遣されたアルバ公は恐怖政治を行い、エグモント伯、ホールン伯をはじめ多数の処刑者を出したが、こうした強硬策を前に国外に逃れた者はゼー・ゴイセンZee Geusen(海の乞食団)を組織、スペイン船などを襲撃した。72年彼らはネーデルラントに上陸、ホラント、ゼーラント両州の諸都市を奪回し、以後ウィレムを指導者として独立運動の中核的存在となった。[磯見辰典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴイセンの関連キーワードシラン八十年戦争カローデンスペイン内戦スペイン領サハラ組曲「スペイン」スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜トゥパック・アマルー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴイセンの関連情報