コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレンシ(五斂子) ゴレンシAverrhoa carambola; carambola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴレンシ(五斂子)
ゴレンシ
Averrhoa carambola; carambola

カタバミ科の常緑高木で,原産はモルッカ諸島ともいわれるが古くからマレー地方で栽培されていた。熱帯アジアを中心に果樹として栽培されている。高さ数mとなり,羽状複葉を互生する。小葉は3~5対あり,先端のもの (頂小葉) は特に大きい。葉腋から円錐花序を出し,淡紅色の5弁の小花を多数つける。果実は長さ 10cmほどの楕円体状で,縦に5本の稜がひだのように張出している。全体は黄金色に熟し光沢がある。果肉は甘ずっぱみがあって多汁,生食用やジャムなどに用いる。なお,同属の近縁植物にビリンビン A. bilimbi; bilimbiがあり熱帯アジアや中南米で栽培されているが,この果実は辛みがきつく,香辛料に使われるもので生食には適さない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android