コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーキー Gorky, Arshile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーキー
Gorky, Arshile

[生]1904.4.15. バン,コーコム
[没]1948.7.21. コネティカット,シャーマン
アルメニア出身のアメリカの画家。本名 Vosdanig Adoian。 1920年にアメリカに移住。 1926~31年ニューヨークのグランド・セントラル・スクール・オブ・アートで教え,1929年頃から抽象画を描く。 A.ブルトン,Y.タンギー,R.マッタ,W.デ・クーニングらとの交遊を通じシュルレアリスムに近づき,1940年頃から生理形態的表現ともいうべき作品を描く。 1945年にニューヨークのレビ画廊で開いた個展では,カタログの紹介文をブルトンが書いた。癌,自動車事故などが重なって自殺。主要作品『肝臓は鶏のとさか』 (1944,オールブライト=ノックス・アート・ギャラリー) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴーキー

アルメニア生れの米国の画家。本名Vosdanig Adoian。1920年米国に移住。ピカソミロの影響を受けた後,シュルレアリスムの要素を含んだ独自の画風を展開。
→関連項目デ・クーニングマッタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーキー【Arshile Gorky】

1904‐48
抽象表現主義の代表的な作家。トルコ領アルメニアに生まれ,1920年アメリカに亡命。キュビスム風の半抽象から,30年代後半には,故郷アルメニアの追憶をもとにしたミロ風のイメージを描き,またデ・クーニングやS.デービスと交友。43年ころから植物や昆虫の変形過程を追ったデッサンをもとに,独特の,自然の生成を形象化したフォルムを作りあげた。A.ブルトンが〈自然の前で描くことのできた唯一のシュルレアリスト〉と激賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴーキー【Arshile Gorky】

1904~1948) アメリカの画家。アルメニア出身。シュールレアリスムの影響を受ける。故国アルメニアの形象を追求して特異な作品を描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーキー
ごーきー
Arshile Gorky
(1904―1948)

アメリカの画家。本名はVasdanig Manog Adoian。アルメニアのホルコムに生まれる。1920年、トルコの侵略を脱してアメリカに移住。ボストンのニュー・スクール・オブ・デザイン、のちに教鞭(きょうべん)をとるニューヨークのグランド・セントラル美術学校などに学んだ。ウッチェロ、アングル、ピカソ、ミロ、カンディンスキー、ロベルト・マッタらの影響を受け、作風を転々と変えていったが、30年代の終わりになって自己の方向をみいだす。アメリカの大自然とアルメニアの記憶とを重ね合わせたバイオモーフィック(生形態学的)なイメージを、巧みな線描力によって表し布置する絵画に到達し、ブルトンの称賛を得た。40年代の中ごろから画面はオートマティックな方法を駆使していっそう自由なものになるが、47年、自動車事故にあい制作が困難となり、翌年コネティカット州シャーマンで縊死(いし)した。[藤枝晃雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴーキーの関連キーワードヴィレム デ・クーニングジョルジュ マチューフランケンサーラーオートマティスムコネティカット州10月25日深緑の絵藤枝晃雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android