コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギ Ardeidae; herons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サギ
Ardeidae; herons

ペリカン目サギ科の鳥の総称。全長 30~150cm。一般に頸と脚が長く,とがった長いをもち,尾は短い。羽色は白,灰,青,赤褐色などのものが多く,おもに海岸,河川,湖沼など水辺にすみ,魚類,貝類,小動物,昆虫類などを食べている。アオサギゴイサギシラサギなどはマツ林やタケ林で何種かがいっしょに集団繁殖しており,このような集団繁殖地はサギ山として知られ,国の天然記念物に指定されていたところもある。サギ類は極地以外の全世界に約 70種が分布し,アマサギコサギなどはかつて生息しなかったアメリカ大陸に侵入し,分布を広げている。日本にはアオサギ,コサギ,ミゾゴイヨシゴイなど 19種の生息が記録されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さぎ【サギ】[書名]

岩崎京子の短編児童文学作品。昭和33年(1958)発表。昭和34年(1959)、第8回児童文学者協会新人賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サギ
さぎ / 鷺
heron

鳥綱コウノトリ目サギ科に属する鳥の総称。英名は一般にheronであるが、コサギの仲間はegret、サンカノゴイ、ヨシゴイの仲間はbitternとよばれる。[森岡弘之]

形態

サギ科Ardeidaeは15~20属約62種に分類され、極地を除く全世界に分布する。全長28~145センチメートル。最大種はオニアオサギArdea goliathやシロハラサギA. imperialisで、最小種はコヨシゴイIxobrychus exilisである。サギ類は、すべて頸(くび)、足、嘴(くちばし)が長く、渉禽(しょうきん)型の体形をもっている。ただし、ゴイサギNycticorax nycticoraxやミゾゴイGorsachius goisagiは比較的頸が短い。サギ類の特徴の一つとして、飛ぶときには長い頸をZ状に曲げる。翼は幅広く丸く、ゆっくり羽ばたいて飛翔(ひしょう)する。足は少なくともももの下部まで裸出し、4本の足指は長いが、水かきはない。中指のつめには痕跡(こんせき)的な櫛(くし)状の刻みがある。この刻みがある理由は明らかでないが、これもサギ類の特徴である。もう一つの特徴は、粉綿羽(ふんめんう)の存在であろう。粉綿羽は一生抜け替わることのない羽毛で、その先端は崩壊して、きわめて微小な角質の粉末となる。この粉末は耐水性に富み、他の羽毛について、羽毛がぬれたり、血や泥や魚のぬめりで汚れるのを防ぐのに役だつ。羽色は種によって異なる。クロサギEgretta sacraの黒色型と白色型のように、同じ種が個体によって異なった羽色をもつこともある。[森岡弘之]

生態

生息環境は、一般に川岸、湖畔、湿地、水田、海岸などを好み、一部の種が森林やサバンナにすむ。食性は完全に動物食である。大形種は、魚類、カエル、タニシ、甲殻類、昆虫類などのほかに、ヘビ、トカゲ、ネズミ、小鳥などもつつき殺して食べる。小形種は昆虫類を主食とし、小魚や小形のカエルも餌(えさ)とする。アマサギはほとんど昆虫類だけを常食としている。多くのサギ類は昼行性で、昼間に歩きながら餌をあさるが、ゴイサギやサンカノゴイのように夜間活動するものもいる。
 多くのサギ類は、繁殖期になると、頭、胸、背などに飾り羽が目だち、また顔の裸出部、目の虹彩(こうさい)、足などが赤や緑や橙黄(とうこう)色の濃い色となる。飾り羽や裸出した部分の色は、繁殖に先だつ各種のディスプレーや種の認知の際に、さまざまな意味を表すのに用いられる。営巣は集団で行うものと、単独で行うものとがあるが、集団営巣する種が多い。集団営巣する代表的なものは、アオサギ、シラサギ類、アマサギ、ゴイサギなどで、数種がいっしょの大集団をつくり、繁殖する。こうしたサギ類の集団営巣地はコロニーとよぶのが正しいが、一般にはサギ山として知られている。数百羽のサギが雛(ひな)に餌を運ぶさまは壮観であるが、糞(ふん)が悪臭を放つのと、木を枯らすために、嫌われるようである。またサギ類の鳴き声は一般に太いしわがれ声で騒がしく、美しい声ではない。熱帯地方のものは留鳥であるが、高緯度地方で繁殖する種は、ほとんど渡りをする。しかし、熱帯地方のものでも、雨期と乾期に従って移動するものが少なくない。[森岡弘之]

種類

サギ科は大別すると、真正サギ類とヨシゴイ類とになる。真正サギ類は、アオサギ、コサギ、アマサギ、アカガシラサギ、ササゴイ、アガミサギ、フエフキサギなどの昼行性サギ類、ゴイサギ、ミノゴイ、ミゾゴイ、ヒロハシサギなどよりなる夜行性のゴイサギ類、熱帯のジャングルに生息する原始的なトラフサギ類を含み、サギ科の大部分を占める。ヨシゴイ類は、ヨシゴイ属とサンカノゴイ属とよりなり、優れた擬態行動が示すように、ヨシ原(葦原(あしはら))の生活に適応している。日本には真正サギ類14種、ヨシゴイ類4種が分布し、そのうち13種が繁殖している。サギ類は姿がよいので、動物園や公園ではよく飼われているが、動物食のため、一般の飼育には適さない。[森岡弘之]

民俗

シラサギ類には神秘的な伝えが多い。京都市左京区の石座神社(いわくらじんじゃ)の神使はサギであるといい、沖縄県石垣島には、シラサギがいた所を聖地として祀(まつ)ったという伝説がある。鎌倉市の円覚寺(えんがくじ)などには、シラサギに導かれて境内を定めたという伝えがある。シラサギが発見したという温泉も全国にあり、「鷺の湯(さぎのゆ)」などの名で知られている。類例は朝鮮にもみられる。また、眼病に効く霊水をアオサギがみつけたという伝説もある。西域(せいいき)の楼蘭(ろうらん)では、愛のしるしに男から女へアオサギの羽を贈ったといい、その遺跡からはアオサギの羽を伴った貴婦人の墓も発見されている。
 ゴイサギ類は怪異な鳥として知られる。夜、火の玉が飛ぶのはゴイサギであるといわれ、胸の毛が光るからだという。ヨーロッパでも、ゴイサギは胸の羽の光で魚を集めたり、虫をとって食べるという。石垣島で「ヨーラサー」というのも声だけの怪鳥というが、この類のサギらしい。この鳥は火吹き鳥で火事をおこすといわれ、夜、声を聞くと杵(きね)で臼(うす)の縁をたたいて追う習慣があった。『平家物語』には、醍醐天皇(だいごてんのう)が神泉苑(しんせんえん)のサギを招いたところ、平伏して飛び去らなかったので、五位に叙し、首にサギの王であると記した札をつけて放したという「五位鷺」の由来譚がある。古代ギリシアのホメロスの『イリアス』には、サギが夜飛んできて鳴いたのを、オデュッセウスが吉兆としたという話がみえる。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サギの関連キーワードショウジョウサギ琉球葭五位頭黒溝五位雀の毛槍大葭五位山家五位姫葭五位嘴太五位高砂黒鷺頭黒蒼鷺白髪五位鬼青鷺広嘴鷺黄毛鷺鬼蒼鷺唐白鷺葭五位牛不食溝五位五位鷺

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サギの関連情報