コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サザンカ(山茶花) サザンカCamellia sasanqua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サザンカ(山茶花)
サザンカ
Camellia sasanqua

ツバキ科の常緑小高木。四国,九州から南西諸島の山中に自生する。庭木としても普通に栽植される。ツバキとともに日本で改良された花木の一つである。 10~12月頃,枝先に柄のないやや大きい5弁の花をつける。ツバキの花に似ているが花弁の基部がツバキのように癒着せずほぼ平開する。多数あるおしべの基部もごく浅く癒合するだけである。自生品の花は白色であるが,園芸品には紅色,淡紅色,絞り,八重咲きなどいろいろある。材質はじょうぶで農・工具の柄やいろいろな細工物に使われ,また薪炭材としてもすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サザンカ(山茶花)【サザンカ】

本州(山口県)〜沖縄に自生するツバキ科の常緑小高木で,約10mの高さになる。庭木として植込み生垣にし,切花にも用いる。ツバキとの違いは,一般にサザンカのほうが葉が小さく,小枝から葉柄主脈に毛がある点,晩秋から咲き始め,花に芳香があり,花弁が薄く波うち,ばらばらに散る点,子房,果実に毛がある点などである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サザンカ【サザンカ(山茶花) Camellia sasanqua Thunb.】

本州西端(山口県),四国南西部,九州および沖縄諸島に自生するツバキ科の常緑樹(イラスト)。花の少ない晩秋から冬にかけて開花するため,古くから庭木や生垣として利用され,多数の園芸品種がある。古木では樹高が10mに達するものがある。葉は互生し,長さ3~7cm,幅2~3cmで,表面は光沢があり,周縁には細かい鋸歯をもつ。葉の主脈,葉柄および若枝には細かい毛がある。花はその年に伸びた枝の先端近くに1~数個つき,10月から12月にかけて開花する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサザンカ(山茶花)の言及

【ツバキ(椿)】より

…ユキツバキとヤブツバキとの中間型も多く,またユキツバキ由来の園芸品種もある。このほか沖縄には,花の外形がツバキに似るが,著しく小型の白い花を咲かせるヒメサザンカC.lutchuensis T.Itoが分布していて,花に芳香がある。 ツバキ属Camelliaは,中国原産のものが多く,いくつかの種が日本へ導入されている。…

※「サザンカ(山茶花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android