コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サザンカ(山茶花) サザンカCamellia sasanqua

3件 の用語解説(サザンカ(山茶花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サザンカ(山茶花)
サザンカ
Camellia sasanqua

ツバキ科の常緑小高木。四国,九州から南西諸島の山中に自生する。庭木としても普通に栽植される。ツバキとともに日本で改良された花木の一つである。 10~12月頃,枝先に柄のないやや大きい5弁の花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サザンカ(山茶花)【サザンカ】

本州(山口県)〜沖縄に自生するツバキ科の常緑小高木で,約10mの高さになる。庭木として植込みや生垣にし,切花にも用いる。ツバキとの違いは,一般にサザンカのほうが葉が小さく,小枝から葉柄,主脈に毛がある点,晩秋から咲き始め,花に芳香があり,花弁が薄く波うち,ばらばらに散る点,子房,果実に毛がある点などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サザンカ【サザンカ(山茶花) Camellia sasanqua Thunb.】

本州西端(山口県),四国南西部,九州および沖縄諸島に自生するツバキ科の常緑樹イラスト)。花の少ない晩秋から冬にかけて開花するため,古くから庭木や生垣として利用され,多数の園芸品種がある。古木では樹高が10mに達するものがある。葉は互生し,長さ3~7cm,幅2~3cmで,表面は光沢があり,周縁には細かい鋸歯をもつ。葉の主脈,葉柄および若枝には細かい毛がある。花はその年に伸びた枝の先端近くに1~数個つき,10月から12月にかけて開花する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサザンカ(山茶花)の言及

【ツバキ(椿)】より

…ユキツバキとヤブツバキとの中間型も多く,またユキツバキ由来の園芸品種もある。このほか沖縄には,花の外形がツバキに似るが,著しく小型の白い花を咲かせるヒメサザンカC.lutchuensis T.Itoが分布していて,花に芳香がある。 ツバキ属Camelliaは,中国原産のものが多く,いくつかの種が日本へ導入されている。…

※「サザンカ(山茶花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone