サッコ‐バンゼッティ事件(読み)さっこばんぜってぃじけん(英語表記)Sacco-Vanzetti Case

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッコ‐バンゼッティ事件
さっこばんぜってぃじけん
Sacco-Vanzetti Case

1920年代のアメリカの殺人事件裁判で、政治的でっち上げといわれる。1920年4月、ボストン市郊外の靴工場を数名の強盗が襲い、2人を殺し大金を奪った。3週間後、イタリア移民で靴工のニコラ・サッコと魚行商人のバルトロメオ・バンゼッティとがまず別件で逮捕され、この事件の犯人とされた。彼らはともに無政府主義者、徴兵拒否者であり、拳銃(けんじゅう)を持っていた。またこのころ、司法長官パーマーの赤狩りなど左翼は弾圧され、移民制限が叫ばれていた。翌年5月に裁判が始まり、証言のみで物証不十分のまま、7月に有罪とされた。それは政治信条を超えた多数の人の抗議を呼び起こし、何度か控訴、再審が請求され、さらに25年、自供者が現れたが認められなかった。アメリカ内外で有名人も参加する釈放運動が高まり、執行責任者の知事は委員会に諮ったが、誤審なしとされ、2人は27年8月、電気椅子(いす)に送られた。のち、この問題を扱った多くの芸術作品が生まれた。

 この事件はその後も長く論じられ、1959年にはボストン司法委員会は再審請求を取り上げ、無罪を証した。しかし、61年の条痕(じょうこん)検査ではサッコの拳銃が犯罪に用いられたとされ、彼を有罪とみる者もおり、今日に至るも見解は分かれている。

[長沼秀世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android