コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サティー satī

翻訳|satī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サティー
satī

インドの社会的風習で,寡婦亡夫の火葬の火で殉死することをいう。古くから支配階級の間で行われたが,のちに一般にも行われた。インド各地に殉死した寡婦を顕彰する碑などが残っており,また,殉死した寡婦の霊魂を神として崇拝する土俗的信仰もみられた。ブラーフマ・サマージを創設したラーム・モーハン・ローイはイギリス総督を動かしてサティーの風習を禁止させ,やがてこの風習は 19世紀になると消滅した。しかし,近年夫がダウリー (持参金) 欲しさに妻を焼死させ,複数の婚姻を行うなど現代版サティーともいえる事件が起きている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サティー

〈貞淑な女〉の意味。寡婦が,夫の火葬の際,一緒に生きながら焼かれるヒンドゥー教の古い慣習をさす。中世のヒンドゥー社会では,一般に幼児婚が行われ,非常に幼い寡婦もあった。
→関連項目ベンティンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サティー【suttee】

ヒンドゥー教徒の古い慣習で,寡婦が夫の火葬のときいっしょに生きながら焼かれ葬られること,あるいはその後の殉死をさす。サットsatの女性形で,〈貞淑な妻〉を意味する。サティーはかなり古くから見られたが,中世になってインド諸地方に広くひろまり,村々にはこれを記念した石が数多く残されている。中世のサンスクリット文献には,サティーによって家族の宗教的な罪が滅するとその功徳がたたえられたが,現実には戦士階級の倫理,女の地位の低下,寡婦の生活のみじめさがこの慣習を助長したのであって,寡婦の自発的行為だけでなく,親族の強要もあり,薬物も使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサティーの言及

【家】より

…これがバラモンの理念であって,上級カーストではこれが遵守されたが,下級カーストでは離婚も再婚もおこなわれ,ダウリの慣習もなかった。この婦女の地位の低さから,サティー(〈貞淑な妻〉の意)とよばれる妻の殉死が,上層・中層カーストの間でおこなわれ,それは夫の遺体と一緒に生きながら妻も火葬されるもので,インドの村々にはサティーの記念像柱が多数残っている。【山崎 利男】
【中東・イスラム社会】
 家族を表すアラビア語は一般にはアーイラ‘ā’ilaである。…

【婚姻】より

…女性が結婚しないのは家の恥とされ,初潮のときまでに結婚させるという考えが強かったためである。このように女性の地位が低かったため,〈サティー〉とよばれる夫の遺体といっしょに妻が生きながら火葬される殉死,婚姻にあたって花嫁の家から花婿の家に支払われる多額な持参金(ダウリdowry)や,幼時に夫が死亡して処女のまま寡婦として一生過ごす生活など多くの悲劇を生んだ。19世紀以後,これらの悪弊を改革する運動がおこり,〈サティー〉の禁止(1829),寡婦再婚の認容(1856),幼児婚の禁止(1929)といった法律が制定された。…

【殉死】より

…古代中国の帝陵で殉死者が生き埋めにされていた形跡があるのも,これと類似の観念にもとづくものと考えられよう。 夫の死を未亡人が追わなければならないというかつてのインドで見られたサティーの習俗は,シバ神とその妻サティー神についての神話に結びついている。サティーは彼女の父によって山中に閉じ込められたシバを救うため,みずからを犠牲にささげた。…

※「サティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サティーの関連キーワードケーシャブ・チャンドラ・セーンスティーブ ハケットマフサティーうちだ小都知ブラマンテパステル下村匡嗣環境音楽パスラサテン定着液再婚繻子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サティーの関連情報