コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハ サハSaha, Meghnad N.

5件 の用語解説(サハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハ
サハ
Saha, Meghnad N.

[生]1893.10.6. ダッカ
[没]1956.2.16. ニューデリー
インド天文学者物理学者カルカッタ大学卒業。アラハバード大学教授 (1923) ,カルカッタ大学教授 (38) 。同地の原子核物理学研究所の創始者。イギリスロイヤル・ソサエティ会員 (27) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サハ

ヤクート

サハ

ロシア連邦に属するシベリアの共和国。ヤクーチアとも。面積310万3200km2,人口94万9300人(2010)。主都ヤクーツク。民族構成はヤクート人33.4%,ロシア人50.3%,ウクライナ人7.1%,ほかにエベンキエベンユカギールなどの少数民族
→関連項目オルティン・ドーボグン・ドー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サハ【Meghnad Saha】

1894‐1956
インドの天体物理学者。ダッカに生まれる。数学を学び,1916年カルカッタ大学講師となる。19‐21年イギリス,ドイツに留学。天体物理学にも研究を広げ,1920年化学反応平衡の理論を星の大気の原子の電離平衡に応用して,いわゆるサハの電離公式を導いた。これは,温度と電子圧とから各種の原子,イオンの電離度を計算する式で,星のスペクトル型を温度の高低で説明し,圧力の効果をも数量的に表しており,天体物理学の基礎公式の一つといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サハ【Sakha】

ロシア連邦に属する共和国。東シベリアのレナ川流域を占め、ダイヤモンド・金・スズ・天然ガスなどの採掘と林業が盛ん。首都ヤクーツク。旧称、ヤクート。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のサハの言及

【ヤクート族】より

…ロシア連邦,東シベリアのサハ(ヤクート)共和国の先住民。自称はサハSakha。…

【恒星】より

…それぞれの特徴となる吸収線を図1に示した。 スペクトル分類の解釈の基礎をなす考えはM.サハの電離理論である。電離度は放射や電子衝突などによる電離作用と,イオンと電子の再結合とのバランスで決まるから,電離ポテンシャルの高いイオンの状態になるのは,まず高温,次いで密度の低い場合である。…

※「サハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サハの関連キーワード東京大学ウェルナー猪子吉人谷弥五郎林忠恕人見一太郎ミュラーバロウ型累進変成帯シュリーレン包有物

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サハの関連情報