コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバン Sabang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバン
Sabang

インドネシアスマトラ島北西端の沖合いにあるウェ島北岸の港町アチェ州に属する。1887年に建設された港はマラッカ海峡入口にある重要な避難港で,自由港に指定され,開発が進められている。インドネシアの全領域を表すことばとして「サバンからメラウケニューギニア島)まで」がある。人口 2万2829(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サバン(Sabang)

インドネシア、スマトラ島北西岸沖に浮かぶウェー島の町。マラッカ海峡の入口にあたり、19世紀に海上交通の中継地となった。同国で最も北かつ西に位置する。2004年のスマトラ沖地震の津波で大きな被害を受けた。スキューバダイビングが盛ん。
フィリピン南西部、パラワン島西岸中央の村。プエルトプリンセサの北東約50キロメートル、南シナ海沿岸に位置する。1999年に世界遺産(自然遺産)に登録されたプエルトプリンセサ地下河川国立公園への観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サバン

インドネシア,スマトラ島の北端に接するウェー島にある港町。ウェー島北部,同名の湾に臨む天然の良港。19世紀末以来貯炭所,ドックその他の港湾設備が整い,インド洋横断汽船の基地となる。空港もある。2万3281人(1980)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サバン【Sabang】

インドネシア,スマトラ島北端に隣接するウェー島の港市。人口約1万5000。島の北東部の陥没性のサバン湾にある天然の良港で,マラッカ海峡北西端の要港として古代からすぐれた港の役目を果たしてきた。港には19世紀末以来,ドック,貯炭所,灯台などの設備が整い,ベンガル湾横断の汽船の重要な燃料補給地となった。現在は空港もある。ウェー島とスマトラ島の間の海峡はベンガル水道と呼ばれる。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバン
さばん
Sabang

インドネシア、スマトラ島北端沖のウェWeh島にある港町。同島北部の湾に臨む。人口2万3281(1980)。マラッカ海峡の入口の要港として古代から知られ、19世紀以来、ドック、貯炭所、灯台などの施設が整い、ベンガル湾横断の汽船の燃料補給基地となった。スマトラ島北西部の物資の中継港としての役割も果たしている。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サバンの関連キーワードサンサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会サンサバンシュルガルタンプ教会恐竜戦隊ジュウレンジャーチャップマンシマウマサバンナ(アメリカ)サバンナ(植生帯)サバナ(サバンナ)ウオーターバックグラントシマウマサバンナモンキージャパリパークドグエラヒヒAFRIKAサバンナ気候ウィニペグ川オートボルタ熱帯草原気候11月13日チャクマヒヒ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android