コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバー サバーSabā, Fatḥ `Alī Khān

4件 の用語解説(サバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバー
サバー
Sabā, Fatḥ `Alī Khān

[生]1765. カーシャーン
[没]1822. テヘラン
イランの詩人。カージャール朝ファタ・アリー・シャーの桂冠詩人として活躍し,古典詩人のスタイルにならって頌詩をつくり,カージャール朝宮廷詩人の基礎を築いた。4万句から成る叙事詩『帝王の書』 Shāhanshāh-nāmeの作者としても知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サバー
サバー
sabhā

インドの言葉で「集会」の意味。古くより大小の集会,あるいはそれが行われる場所の意味に使われてきた。法廷を意味することもある。今日のインド共和国下院はローク (衆) ・サバー (議院) と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サバー【Sabhā】

インドにおける村落集会,村落共同組織。古くはベーダにもこの語がみられるが,チョーラ朝下の寺院への寄進刻文に多くみられる村落内の自治組織として広く知られている。ウールūrとよばれるものがベッラーラVellālaを主体とする農民カーストによって構成される一般村落の共同組織であるのに対して,サバーはバラモンが土地を施与されて住むブラフマデーヤ村落にみられ,集会の成員もバラモンに限られる。またその機能は徴税をはじめ,灌漑,耕地,刑罰,戸籍,寄進に関する記録の保持,その他村落行政全般の問題にかかわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバー
さばー
Fat‘Al Khn ab
(1765―1822)

ペルシアの詩人。カーシャーンに生まれる。初めザンド朝に仕えるが、同朝滅亡後カジャール朝のファタ・アリー・シャー王に桂冠(けいかん)詩人として仕え、同朝宮廷詩人の基礎を築いた。イラク・スタイルからホラサーン・スタイルに復帰させた代表的詩人で、とくに頌詩(しょうし)に秀でた。多作で、パトロンの王とその王子をたたえる4万句を超す叙事詩『帝王の書』でも知られる。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサバーの言及

【カースト】より

…(4)自治機能 各カーストには,以上の結婚,食事,職業に関する諸慣行を含む独自の慣行が掟(おきて)として存在している。そして,それらの掟に違反した仲間に対しては,長老会議(カースト・パンチャーヤット)や成員の集会(サバー)によって,罰金支払を含むさまざまな制裁が加えられた。制裁の方法として,しばしば採用されるものにカースト外への追放がある。…

※「サバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サバーの関連キーワード中野碩翁大田錦城十返舎一九飛騨屋久兵衛柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サバーの関連情報