コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヘル地域 サヘルチイキ

3件 の用語解説(サヘル地域の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サヘル‐ちいき〔‐チヰキ〕【サヘル地域】

サヘル地帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サヘル地域

マリ、ブルキナファソニジェールナイジェリアなどのサハラ砂漠南縁部に帯状に広がる地域。農業や牧畜が行われているが、砂漠が年々拡大し、干ばつや飢餓が繰り返されている。

(2013-06-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヘル地域
さへるちいき
Sahel strip

サハラ砂漠の南縁に広がる地域。セネガルの北部からモーリタニア南部、マリのニジェール川周辺、ブルキナ・ファソ、ニジェール南部、ナイジェリア北部、チャド中南部を経てスーダンに至るまで、幅約200~400キロメートルの帯状にアフリカ大陸を東西に横断する。サヘルとはアラビア語で岸(サーヒル)の意。
 砂漠から南のサバンナ地帯への緩衝地帯で、低木(灌木(かんぼく))が育つステップ地帯。雨期は6月~8月、年間降雨量は150~500ミリメートル。オアシス農業や牧畜、モロコシ栽培などが可能だが、乾雨の気候条件によってサハラ砂漠の南で砂漠化前線が大きく南北に変動する。
 14世紀ごろまでの安定した湿潤期には諸王国が繁栄したが、その後はたびたびの干魃(かんばつ)にみまわれてきた。1960年代後半から1980年代まで厳しい干魃が続き、砂漠の南下が進んだ。干魃の頻度が高まっているといわれ、2010年、2012年もサヘル地域を含むアフリカ西部が深刻な被害を受けた。チャド湖の縮小など、河川や湖の水位低下も著しい。気候に左右されやすい生活形態のため、干魃は飢饉(ききん)に直結し、アフリカの飢餓地帯ともよばれる。
 国連機関や政府、民間団体が食料、医療などの緊急援助に乗り出し、抜本的な砂漠化防止対策の必要から、多角的な調査も行われるようになった。日本でも国際協力機構(JICA(ジャイカ))など、政府や国際機関を通じた支援のほか、非政府組織(NGO)の「緑のサヘル」「サヘルの森(旧名はサヘルの会)」などが、緊急援助から、現地での調査・研究、農業の再建・育成、教育、コミュニティの自立を促すための啓蒙といった幅広い活動を続けている。
 自然的要因だけではなく、人口増加による放牧や農耕の拡大、主要なエネルギー資源である薪(たきぎ)の需要の急増など、人為的な森林や生態系の破壊が砂漠化に拍車をかける。砂漠化の防止には、莫大(ばくだい)な資金と人材、貧困に喘(あえ)ぐ地元住民に時間のかかる植林の重要性を理解してもらう地道な努力が前提だ。人口抑制や医療対策、教育の普及など総合的な対策が必要とされる。また、現地での活動は当該国や周辺地域の政治情勢の影響も受ける。2012年から情勢の悪化したマリでは、海外の支援組織がスタッフ派遣を見合わせざるをえない事態も起きている。[勝又郁子]
『門村浩・勝俣誠編『サハラのほとり――サヘルの自然と人びと』(1992・TOTO出版) ▽根本正之著『砂漠化する地球の診断』(2001・小峰書店) ▽吉川賢・山中典和・大手信人編著『乾燥地の自然と緑化』(2004・共立出版) ▽吉川賢著『砂漠化防止への挑戦』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サヘル地域の関連キーワードシカソ西アフリカニジェールニジェール川ブルキナファソW国立公園シアディファベヌエ[川]ブルキナ・ファソ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サヘル地域の関連情報