サラマンダー(英語表記)Salamander

翻訳|salamander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラマンダー
Salamander

中世ヨーロッパの伝説に現れるへびあるいはとかげの形をした火の精霊。燃えない皮膚をもち,大地の奥の灼熱の火の中に住むが,地上の火の中にも姿を現すことがあると信じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サラマンダー

古代ギリシア時代より,火の中にすむとされたトカゲ。現在では,イモリサンショウウオなどの有尾両生類を総称する英語として使われる。とくに陸上生活するグループのみに限定して,この言葉を用いることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

サラマンダー【salamander】

伝説上の動物。火の中にすむトカゲ。
サンショウウオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラマンダー
さらまんだー
Salamander

西欧で火の精と考えられた怪物。火の中にすめるトカゲのような生き物といわれ、その身体が冷たいので火を消すことができると信じられた。そこで清流にすむ同じ形状のサンショウウオもこの名でよばれる。毒のある生き物としてはもっとも激しく、木に絡めば実はすべて毒をもち、泉に落ちれば水は汚染され、飲食する生き物はみな死ぬという。フランスのフランソア1世がその印にサラマンダーを用い、Nutrisco et extinguo(われ養いかつ滅す)としたのは、火の中に生き、火を消す能力による。石綿(いしわた)(アスベスト)を別名サラマンダーの毛という。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サラマンダー

〘名〙 (salamander)
① 西洋の伝説上の動物。火中に住むヘビ・トカゲの類で、火の精と信じられていた。
※道程(1914)〈高村光太郎〉愛の歎美「なほも燃え立つ汗ばんだ火に 火龍(サラマンドラ)はてんてんと躍る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラマンダーの関連情報