コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラマンダー サラマンダーSalamander

翻訳|Salamander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラマンダー
Salamander

中世ヨーロッパの伝説に現れるへびあるいはとかげの形をした火の精霊。燃えない皮膚をもち,大地の奥の灼熱の火の中に住むが,地上の火の中にも姿を現すことがあると信じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サラマンダー(salamander)

山椒魚(さんしょううお)。
西洋の伝説上の動物。火中に住むヘビ・トカゲの類で、火の精とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サラマンダー

古代ギリシア時代より,火の中にすむとされたトカゲ。現在では,イモリサンショウウオなどの有尾両生類を総称する英語として使われる。とくに陸上生活するグループのみに限定して,この言葉を用いることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

サラマンダー【salamander】

伝説上の動物。火の中にすむトカゲ。
サンショウウオ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラマンダー
さらまんだー
Salamander

西欧で火の精と考えられた怪物。火の中にすめるトカゲのような生き物といわれ、その身体が冷たいので火を消すことができると信じられた。そこで清流にすむ同じ形状のサンショウウオもこの名でよばれる。毒のある生き物としてはもっとも激しく、木に絡めば実はすべて毒をもち、泉に落ちれば水は汚染され、飲食する生き物はみな死ぬという。フランスのフランソア1世がその印にサラマンダーを用い、Nutrisco et extinguo(われ養いかつ滅す)としたのは、火の中に生き、火を消す能力による。石綿(いしわた)(アスベスト)を別名サラマンダーの毛という。[船戸英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サラマンダーの関連キーワードマシュー マコノヒージェラルド バトラーゲリマンダリングゲリマンダー佐藤せつじ小選挙区制佐古 正人小川祥平梶尾真治山椒魚

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラマンダーの関連情報