コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルスベリ

百科事典マイペディアの解説

サルスベリ

中国南部原産のミソハギ科の落葉高木。夏の花木として庭園に植栽。樹皮は薄くはがれ落ちて,跡が雲絞をつくり,表面は平滑。葉は倒卵形で厚い。7〜9月,枝先に密な円錐花序をつける。萼は半球形で6裂。花弁は6枚,円形で著しく縮れ,基部に細い柄がある。葯(やく)は多くが黄色。花色は紅紫色,淡紅色,白色,また八重咲などの園芸品種もある。花期が長いためヒャクジツコウ百日紅)の名もある。繁殖は実生(みしょう)か挿木による。矮性(わいせい)種は盆栽にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルスベリ【crape myrtle】

中国南部原産のミソハギ科の亜高木で,落葉性(イラスト)。樹皮がはがれて滑らかであるところから,〈猿滑り〉の名が出たといわれ,また百日紅(ひやくじつこう)の名もある。新梢は4稜あって無毛,一・二年生の枝はその樹皮がはげやすくなる。幹も皮がはがれて縞模様をつくる。葉は厚くて倒卵形で全縁,対生するが,ときに互生することもある。葉柄は短い。花は7月から9月にかけ,枝の先端に群がってつく。花の直径は3cm内外,6枚の花弁と30~45本内外のおしべがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルスベリ
さるすべり
[学]Lagerstroemia indica L.

ミソハギ科の落葉高木で高さ5~10メートル。中国南部原産で、中国名は紫薇。樹皮は赤褐色、滑らかで薄くはげ、跡が帯褐白色の雲紋状になり、小枝は無毛で4稜(りょう)がある。葉は対生または互生し、コクサギ形の葉序になり、倒卵状楕円(だえん)形、長さ3~6センチメートルで縁(へり)に鋸歯(きょし)がない。7~9月、枝先の円錐(えんすい)花序に紅紫色、径3~4センチメートルの6弁の花を開く。花が白色のシロサルスベリ、淡紫色のウスムラサキサルスベリもある。花弁は円く、縮緬皺(ちりめんじわ)があり、基部に細長いつめがあり、萼(がく)は半球形で6中裂する。雄しべは多数で、そのうちの6本と雌しべ1本が長く突き出て巻曲する。果実は球形、径約7ミリメートルの(さくか)である。
 サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるのでヒャクジツコウ(百日紅)ともいわれる。日本には江戸時代に入っており、貝原益軒(かいばらえきけん)の『花譜』(元禄7=1694)に初めて百日紅の名が出てくる。日本に野生するヒメシャラ、ナツツバキ、リョウブなども樹皮が似ているのでサルスベリとよばれる。類似種のシマサルスベリL. subcostata Koehneは屋久島から沖縄、および中国に分布する。樹皮のはげた跡が白くなり、サルスベリの花より小さい径約1センチメートルの白色花が開き、小枝と花序に毛があるのでサルスベリと区別できる。[小林義雄]

栽培

陽樹で、土地を選ばず、成長は速い。整枝、剪定(せんてい)に耐え、萌芽(ほうが)力が強く、病害虫も少ない。繁殖は実生(みしょう)、挿木による。庭園、公園、寺院などに植え、並木にもする。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サルスベリの関連情報