コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルターティ サルターティSalutati, Lino Coluccio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルターティ
Salutati, Lino Coluccio

[生]1331. ピストイア
[没]1406. フィレンツェ
イタリアの人文主義者。ペトラルカを崇拝して師事。古代文学や異教徒文学の発掘と擁護に努め,その『書簡集』 Epistorarioは有名。また 1375年以来フィレンツェの書記官職にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルターティ【Lino Coluccio di Piero Salutati】

1331‐1406
イタリア,フィレンツェの人文主義者。スティニャーノ出身。トーディ(1367),ルッカ(1371)の書記官長を経て,1375年フィレンツェ書記官長に就任し,複雑になった当時の都市国家の事務を官僚の最高指導者として終身担当し,外交文書や国内の法令に使用するための洗練されたラテン語の文体を磨いた。古代の言語や文学に心酔した彼は,国際紛争の解決を,武力にかえて弁論の力に頼ろうとした。彼の筆を恐れたミラノ僭主ジャン・ガレアッツォ・ビスコンティは,〈サルターティの筆は,1000人の騎兵にひとしい〉と述べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルターティ
さるたーてぃ
Coluccio Salutati
(1331―1406)

イタリアの人文主義者、文学者、政治家。1375年より没年までフィレンツェ共和国の書記として活躍、当時の政治、文化に多大の影響を与えた。自由な市民生活が都市国家存立の基盤であることを信条とし、古典研究で得た学識、古代の哲学者の教訓を意志力をもって実生活に生かそうと努めた。またフィレンツェの自由を脅かす外敵、他国の領主に対しては筆を武器に敢然と立ち向かい、敵から恐れられた。一個人のなかで雄弁と学問と実践とが統一されたまれな例である。古典をラテン語の翻訳ではなく原典より読むことを重要視し、市に公開のギリシア語講座を開設した。自らもキケロの書簡の発見者として高名。[在里寛司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサルターティの言及

【人文主義】より

…英語humanism,フランス語humanisme,ドイツ語Humanismusなどの訳語。西欧語をそのまま写してヒューマニズム,ユマニスム,フマニスムスなどと表記されることも多い。その語義は広狭多様で,人間主義,人本主義,人道主義などの訳語もある。以下の記述においては,一般的意味におけるそれに対しては〈ヒューマニズム〉を,歴史的概念としてのそれに対しては〈人文主義〉をあてて一応の区別をし,かつ主として後者を中心にその歴史を概観することにする。…

※「サルターティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルターティの関連キーワードポッジョ・ブラッチョリーニミノ・ダ・フィエーゾレクリュソロラスイタリア哲学イタリア史2月16日ブルーニ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android