サワークリーム(英語表記)sour cream

翻訳|sour cream

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワークリーム
sour cream

乳脂肪分 18.0~20.0%のクリーム乳酸菌発酵させたもの。22℃で 14~16時間おいたあと,12~48時間冷やして熟成させる。クリームの冷却技術が未発達だった頃に自然発酵したものが起源とされる。成分基準による分類は「乳等を主要原料とする食品」。半固形状で軽い酸味があり,おもに風味づけとしてビーフストロガノフボルシチなどの煮込み料理や,チーズケーキなどの製菓に使われる。ヨーロッパでは発酵クリームバター(→バター)の原料として多用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サワー‐クリーム(sour cream)

牛乳から分離したクリームを、乳酸菌を加えて発酵させたもの。チーズケーキなどの菓子材料や料理の風味づけに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

サワークリーム

 乳酸菌を用いて発酵させたクリーム.酸味がありサラダその他の料理に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

サワークリーム【sour cream】

生クリームを乳酸菌で発酵させたもの。酸味があり、生クリームよりも日持ちする。パンやクラッカーに塗って食べたり菓子に用いたりするほか、ロシアでは「スメタナ」と呼ばれ、ボルシチやビーフストロガノフなど多くのロシア料理に用いられる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

サワークリーム【sour cream】

牛乳からとったクリームを乳酸菌で発酵させた食品。やや酸味がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のサワークリームの言及

【クリーム】より

…ホイップ(泡立て)用で,洋菓子の製造に用いられる。(3)サワークリーム 乳脂肪分約20%のクリームを乳酸菌により発酵させた製品である。ホイップしたクリームのような性状で,やや酸味があり,ロシア料理で多く使われる。…

※「サワークリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サワークリームの関連情報