コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンコウチョウ サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata; Japanese paradise flycatcher

3件 の用語解説(サンコウチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンコウチョウ
サンコウチョウ
Terpsiphone atrocaudata; Japanese paradise flycatcher

スズメ目カササギヒタキ科。全長は雄 45cm,雌 18cm。雄は尾羽が体の長さの 3倍ほどもある。頭部から胸にかけて黒紫色,背面は赤紫色,腹部は白色。雄は黒紫色の冠羽(→羽冠)もありたいへん美しいが,雌は尾が短く,全体に色が淡い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンコウチョウ

ヒタキ科の鳥。翼長9cm。雄の頭,胸部は紫黒色,背面は赤紫色で,尾は長く34cmにも達する。雌の頭,胸部は黒色で,背面は赤褐色。日本,台湾等で繁殖し,冬はインドシナスマトラマレー半島等に渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンコウチョウ
さんこうちょう / 三光鳥
black paradise flycatcher
[学]Terpsiphone atrocaudata

鳥綱スズメ目ヒタキ科カササギヒタキ亜科の鳥。雄のさえずりが「ツキヒホシ(月日星)ホイホイホイ」と聞こえるというので、この名がある。この亜科の鳥は、おもに南アジアからオーストラリアにかけて、またアフリカの熱帯林にすみ、約90種がある。樹冠の下でヒタキ型の採食法をとり、嘴(くちばし)は基部が幅広く扁平(へんぺい)で、先端は下に鉤(かぎ)形に曲がり、周りのひげが目だつ。サンコウチョウは、同じ属のカワリサンコウチョウとともに北に分布している鳥で、日本の本州から屋久(やく)島までは夏鳥として、奄美(あまみ)大島以南の南西諸島および台湾、バタン諸島には留鳥として分布する。本州などのものは東南アジアで越冬する。雄は尾が長く全長約45センチメートルのうち4分の3を占める。その尾と頭部から胸にかけて紫黒色、背は赤紫色、腹は白い。目の周囲はコバルト色をしている。雌は全長約17センチメートル、色は雄に似るが、背と尾は赤褐色である。平地の暗い林にすみ、長い尾を翻しながら空中で昆虫をとる。細い木の叉(また)に巣をかけ、4個の卵を産む。雌雄で抱卵し育雛(いくすう)する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンコウチョウの関連キーワード鮫鶲三光鳥尉鶲雀弓紅雀カササギ(鵲)シキチョウ(四季鳥)ヒタキ(鶲)モズヒタキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンコウチョウの関連情報