コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクローチェ教会 サンタクローチェきょうかい

1件 の用語解説(サンタクローチェ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタクローチェきょうかい【サンタクローチェ教会】

イタリア北部のフィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にある、フランシスコ会の世界最大の教会。サンタマリアデルフィオーレ大聖堂南東のサンタクローチェ広場にある。13世紀初めに、同会を創始した聖フランチェスコによって建てられたといわれる。現在のゴシック様式の建物は、16世紀にほぼその形が定まった。ブルネレスキが建設したパッツィ家礼拝堂をはじめ、16の礼拝堂を有する教会があり、ゴシック期のイタリアの著名な画家、彫刻家、建築家であるジョット(Giotto di Bondone、1267頃~1337年)の最高傑作「最後の晩餐」をはじめ、その弟子たちの作品を所蔵していて、それらは付属美術館で見ることができる。また、ミケランジェロガリレオ・ガリレイ、マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・ジェンティーレ、ロッシーニなどの墓所になっていることが、この教会を観光地として有名にしている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタクローチェ教会の関連キーワード受胎告知レッチェフィエーゾレフィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンカステルヌーヴォ=テデスコフィレンツェ風フロランティーヌ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone