コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンドバーグ Sandburg, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンドバーグ
Sandburg, Carl

[生]1878.1.6. イリノイ,ゲールズバーグ
[没]1967.7.22. ノースカロライナ,フラットロック
アメリカの詩人。スウェーデン系移民の子として生れ,種々の職業につき,アメリカ=スペイン戦争に従軍,その後郷里のロンバード大学に学んだ。 1913年シカゴに出,14年には口語や俗語を交えホイットマンを思わせる自由詩形を用いた「シカゴ」を『ポエトリー』誌に発表,2年後にその詩をはじめ,中西部のさまざまな自然を歌った『シカゴ詩集』 Chicago Poems (1916) を出版,S.アンダーソン,ドライサーらシカゴ・グループの中心詩人と目されるにいたった。以後『玉蜀黍 (とうもろこし) の皮むき』 Cornhuskers (18,ピュリッツァー賞) ,『煙と鋼鉄』 Smoke and Steel (20) ,『全詩集』 Complete Poems (50,ピュリッツァー賞) などがある。また,リンカーン研究者としても著名で,『リンカーン-大草原時代』 Abraham Lincoln: The Prairie Years (2巻,26) ,『リンカーン-南北戦争時代』 Abraham Lincoln: The War Years (4巻,39,ピュリッツァー賞) がある。ほかに各地の民謡や伝説を集めた『アメリカ民謡集』 The American Songbag (27) ,自伝『常に若いよそ者たち』 Always the Young Strangers (53) など,著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サンドバーグ

米国の詩人。貧しいスウェーデン系移民の子に生まれる。米西戦争従軍の後,大学で学び,新聞の通信員などを務めた。工業都市シカゴとその周辺の大草原をうたうスケールの大きい民衆詩人として知られ,また民謡を収集し,吟遊して歩いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンドバーグ【Carl Sandburg】

1878‐1967
アメリカの詩人。貧しいスウェーデン系移民の子としてイリノイ州ゲールズバーグに生まれ,早くから労務者として中西部を放浪し,米西戦争に従軍。苦学して故郷の大学を卒業したのちジャーナリストとなり,社会主義者として政治にも関与した。のちシカゴに移住,《ポエトリー》誌に認められて,E.L.マスターズ,N.V.リンゼーと並んで〈シカゴ・グループ〉の一翼を担う詩人として広い人気と名声を得た。《シカゴ詩集》(1916),《然り,民衆》(1936)などに収められた詩は,アメリカ民衆のもつ粗野な活力と純朴な優しさへの信頼を,ホイットマンの流れを汲む自由な詩形とはつらつとしたアメリカ口語でうたう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サンドバーグ【Carl Sandburg】

1878~1967) アメリカの詩人。自由形式による民衆詩で知られる。代表作「シカゴ詩集」、伝記「アブラハム=リンカーン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンドバーグ
さんどばーぐ
Carl Sandburg
(1878―1967)

アメリカの詩人。1月6日、中西部のイリノイ州に貧しい移民の子として生まれ、さまざまな職業についた。シカゴに移住して同地の『デーリー・ニューズ』紙の編集委員となり、V・リンゼーやE・L・マスターズら中西部出身の詩人たちと交流。新興都市のたくましい姿を歌い上げた自由詩「シカゴ」を含む『シカゴ詩集』(1916)によって、一躍、中西部を代表する詩人と認められた。その後、相次いで『煙と鋼鉄』(1920)、『おはよう、アメリカ』(1928)、『然(しか)り、民衆』(1936)などを出し、『全詩集』(1950)でピュリッツァー賞を受ける。都会の風景を庶民的語り口で大胆に歌い込むスタイルは、ホイットマンに通じる。政治信念でもホイットマンに倣ってリンカーンに傾倒し、『リンカーン伝』4巻(1939)によってピュリッツァー賞を受ける。またアメリカ各地を回ってフォーク・ソングを集め、その普及にも努めた。『アメリカの唄(うた)ぶくろ』(1927)とその『続編』(1950)の2冊のアンソロジーがある。黒人詩人L・ヒューズは彼の影響で民謡調の詩を手がけるようになった。1967年7月22日死去。[新倉俊一]
『安藤一郎他訳『ディキンソン、フロスト、サンドバーグ詩集』(1968・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサンドバーグの言及

【シカゴ】より

…55年には,10本の鉄道幹線と11本の支線が集まる鉄道網の中心であり,日に96本の列車が発着した。かくして,詩人C.サンドバーグにより〈世界の豚屠殺者,機具製造者,小麦の積上げ手,鉄道の賭博師,全国の貨物取扱い人〉とのちにうたわれたシカゴの基礎は,19世紀中葉に築かれたのである。1850年には人口約3万,数年後には6万に達したといわれる。…

【スカイスクレーパー】より

…構造と外観の一体表現,上下連続させた細身の柱と幅広い窓による重量感の軽減そして垂直上昇感の強調,伝統様式を離れた自由なデザインなど,合理的な解決を示す例に,タコマ・ビル(1889,ホラバード,ローシェ),ライター・ビル(1890,W.ジェニー),リライアンス・ビル(1894,バーナム,ルート)がある。なお,詩人サンドバーグは《シカゴ詩集》の中の一編〈スカイスクレーパー〉で,高層ビルの一日を描いている。一方,20世紀初頭のニューヨークでは,頂上に尖塔をのせ,随所に装飾を施した折衷様式の高層建築が流行し,シカゴの箱型建築と対比をなした。…

※「サンドバーグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンドバーグの関連キーワードアメリカン・マーキュリージェームズ マクマナスケネス パッチェンシカゴ・カブスライト/オフ高垣 松雄アブラハムブルックスパッチェンシカゴ派モンローフロスト頭韻

サンドバーグの関連情報