サン・ステファノ条約(読み)サンステファノじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

サンステファノじょうやく【サン・ステファノ条約】

露土戦争(1877‐78)の結果,オスマン帝国とロシアとの間で,1878年3月イスタンブールの西郊サン・ステファノSan Stefano(アヤ・スタファノスともよばれ,現在のイェシルキョイYeşilköy)において調印された講和条約。この条約によって,オスマン帝国内のツルナゴーラ(モンテネグロ),セルビア,ルーマニアの完全独立が承認されたほか,ドナウ川からエーゲ海に至る大ブルガリア公国の設立(マケドニアを含む),ボスニア・ヘルツェゴビナへの自治権付与,クレタ島アナトリア内のアルメニア人居住地域(東部諸州)とへの特権付与,ベッサラビアおよびアナトリアの帝国東部国境地域におけるカルス,アルダハン,バトゥーム(現,バトゥーミ),バヤジト地方のロシアへの割譲などが定められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサン・ステファノ条約の言及

【ブルガリア】より

…この事件は〈ブルガリアの恐怖〉として国際的な反響を呼び起こし,ロシアに対トルコ戦争の口実を与え,77‐78年の露土戦争が勃発した。 戦争の結果,ロシアはオスマン帝国とサン・ステファノ条約(1878)を締結した。しかし,この条約はブルガリアの領土を,北はドナウ川から南は一部でエーゲ海にまでいたり,さらにマケドニアまで含むとしていたために,列強諸国は,この国が事実上のロシアの傀儡であり,バルカン半島の勢力均衡を崩すことになるとして介入した。…

【ベルリン会議】より

…1877‐78年の露土戦争の結果締結されたサン・ステファノ条約の内容を討議するため,78年6~7月にベルリンで開催されたヨーロッパ列国の会議。サン・ステファノ条約には,大ブルガリア公国の創設を足がかりとするロシア南下政策の意図が露骨に示されていたので,これに脅威を抱くイギリスとオーストリア・ハンガリーが強く反対した。…

【ルーマニア】より

… 77年露土戦争が始まると,ルーマニアもロシア側に立って宣戦を布告し,プレベンの会戦でオスマン帝国部隊を撃破した。この戦争の結果,78年サン・ステファノ条約でルーマニアの独立が承認され,それは同年のベルリン条約(ベルリン会議)でも確認され,81年にルーマニアは王国となった。 近代国家の形成にともない,ルーマニアは当時の政治思想に従ってキリスト教的な民族国家をその理念に掲げたが,そのために少数民族との関係の問題が生じてきた。…

【露土戦争】より

…戦闘は,バルカンとカフカス両方面で展開されたが,バルカンでは,プレブネPlevneの要塞を死守するオスマン帝国軍を苦戦の末に破ったロシア軍は,エディルネを占領し,イスタンブールに迫った。その結果,オスマン帝国軍は屈服し,イスタンブール北方のイェシルキョイ(サン・ステファノ)においてサン・ステファノ条約(1878)が結ばれた。これによりオスマン帝国はバルカンの領土の大部分を失い,ロシアはバルカンにおける影響力を著しく高めた。…

※「サン・ステファノ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android