コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サータバーハナ朝 サータバーハナちょう Sātavāhana

5件 の用語解説(サータバーハナ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サータバーハナ朝
サータバーハナちょう
Sātavāhana

インドの王朝。アーンドラ朝とも呼ばれる。前2世紀,マウリヤ朝衰退後ゴーダーバリー川上流に興り,デカン地方で初めて強力な王国を築いた。1世紀に北からサカ族が侵略したため一時衰えたが,2世紀初めガウタミープトラ・シャータカルニがこれを駆逐して再興し,次いで東方に領土を拡大し,都をアーンドラ地方に移して,デカン一帯をアラビア海からベンガル湾にいたるまで統一支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サータバーハナ朝【サータバーハナちょう】

インドの王朝。アーンドラAndhra朝ともいわれ,前1世紀後半(異説もある)から3世紀半ばまでインド南部を除くデカン高原を支配した。都はプラティシュターナ。半島東西の海港を拠点とした東西貿易,特に対ローマ貿易で繁栄し,学問,芸術も発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サータバーハナちょう【サータバーハナ朝 Sātavāhana】

3世紀中ごろまでデカン地方を中心に,西部・南部インドを支配した王朝。支配開始期には異説があるが,前1世紀後半説が有力。起源・故地は不詳。族名(ジャーティ)によってアーンドラĀndhra王朝ともよばれる。アショーカ王が有力部族名の一つとしてアーンドラをあげていることから,マウリヤ朝のころすでに有力であったと考えられる。王国の確立は第3代シャータカルニŚātakarṇi王による。ナルマダー川北部を攻め,東マールワー地方にまで軍を進め〈西方の王〉と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サータバーハナちょう【サータバーハナ朝】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サータバーハナ朝
さーたばーはなちょう
Stavhana

インドの王朝。アンドラ朝ともよばれる。紀元前1世紀末(別説前3世紀末)から紀元後3世紀初めにかけてデカン高原を支配した。王朝の研究史料の一つにプラーナ文献があるが、その用い方によって、初代の王シムカは前1世紀とも前3世紀ともされる。いずれにしても、王朝の存在が碑文や貨幣によってはっきりと確認されるようになるのは前1世紀末で、そのころゴダバリ川上流のプラティシュターナ(パイターン)を中心とした地方に大きな勢力をもっていた。その後は1世紀に西北インドに侵入したサカ人のクシャトラパと争い領土の一部を失うが、2世紀初頭、ガウタミープトラ・シャータカルニ王がクシャトラパ勢力を破り、失われた領土を奪回した。王は碑文のなかで、「サカ・ヤバナ・パフラバの粉砕者」とよばれている。しかし、後継者プルマーイ2世の治世にはふたたびクシャトラパの攻撃を受け、王朝の勢力はしだいに東方のゴダバリ川およびクリシュナ川下流域(アンドラ地方)へ移った。クシャトラパとの抗争はその後も続いたが、2世紀末、シュリー・ヤジュニャ・シャータカルニ王のときには三たび勢力が拡大し、王国の版図はデカンの北西岸から東岸にまで及んだ。しかし、その後はしだいに勢力が衰え、西北デカンではアービーラ朝、アンドラ地方ではイクシュバーラ朝などの新興勢力にとってかわられ、3世紀前半に滅亡した。
 西海岸のバリュガザその他の港を通して、ローマ帝国との海上貿易が活発に行われた。王朝中期の王ハーラは、プラークリットの叙情詩『サッタサイー』の作者に擬せられている。この王朝期にデカンでは仏教が栄え、ゴダバリ川上流地域にバージャー、カールレー、アジャンタなどの仏教石窟(せっくつ)が、クリシュナ川下流域のアマラバティなどにストゥーパ(仏塔)がつくられている。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサータバーハナ朝の言及

【アーンドラ美術】より

…サータバーハナ朝(アーンドラ族)が関与した美術を指すこともあるが,一般的には南インド東海岸のクリシュナ,ゴーダーバリー両川の下流域のアーンドラĀndhra地方(現在のアーンドラ・プラデーシュ州の一部)の美術の総称として用いられている。この地方の造形活動は1世紀ごろ始まったと考えるのが有力で,北西デカンを支配していたサータバーハナ朝がこの地方に進出する2世紀前期から急速に仏教美術が興隆した。…

【インド】より

…こうした経済的・文化的発達を背景に,帝国崩壊の後,亜大陸の各地でガンガー川流域の国家をしのぐ強大な国家が興った。その一つサータバーハナ朝は,最盛期(2世紀)にデカンのほぼ全域を支配し,半島東西の諸港を拠点とする外国貿易によって富み栄えた。西北インドでは,前2世紀の初頭以来ギリシア人,サカ族,パルティア人の侵入が相次いだ。…

【インド美術】より

…古代初期のはじめは都市遺構を除けば見るべき遺品に乏しく,石彫はマウリヤ朝治下の前3世紀に始まった。シュンガ朝,カーンバ朝,初期サータバーハナ朝と続く時代は,仏教徒が造形活動を主導し,仏塔(ストゥーパ)の造営と浮彫によるそれの荘厳が盛行し,西インドでは石窟寺院も開かれた。いかなる場合にも仏陀の姿を表現しないのがこの時期の特色である。…

【ナーシク】より

…周辺からの綿花,米,果物の集散と加工を行うほか,インド政府印刷局の工場がある。【応地 利明】 町の南方約8kmの山の中腹には仏教石窟があり,前1~後2世紀にサータバーハナ朝やサカ族のクシャハラータ家によって造営され,一部は5~6世紀に拡張や新造もされた。当地最古の小規模な第19窟には,サータバーハナ朝第2代王クリシュナ(前1世紀末期)のときの造営であることを示す刻文がある。…

※「サータバーハナ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サータバーハナ朝の関連キーワードエトルリア人サビニ人シバージー蜀漢椿井仏所日本府ビザンチン建築鳥獣戯画大和政権革島氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone