コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシウド Angelica pubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシウド
Angelica pubescens

セリ科の大型の多年草。アジア東部の温帯から寒帯にかけて分布し,日本では本州,九州に多い。山地のやや湿った向陽地に生える。高さ 2mに達し,枝先や葉裏の脈上には細毛がある。は直立し,円柱形で中空。葉は2~3回羽状に分れ,葉柄基部は鞘状にふくれて茎を抱き,茎の上部では若い花序を包んでいる。花は8~10月に巨大な複散形花序をなして咲き,花序全体の直径は 30cmにも達して,多数の白色小花がつく。高地草原にみられるミヤマシシウド A. pubescens var. matsumuraeは葉の裂片が大きく細長い。ウドに似ていてそれよりも強剛なためシシウドの名があるがウドはウコギ科の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シシウド

本州〜九州の山地の湿った所にはえるセリ科の多年草。高さ2m内外になり,茎は中空で太い。葉は大きく,3回羽状複葉,葉柄の基部はふくれたさやとなり,茎を抱く。秋,枝先に大きな複散形花序をつけ,多数の白色の小花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シシウド【Angelica pubescens Maxim.】

山の谷間や高原の草地に生える大型のセリ科多年草(イラスト)。茎は直立して上部で枝を分かち,高さ1~2mに達する。葉は大きく,根生葉は長い葉柄があって3回羽状複葉となり,茎とともに全体に細毛がある。茎の葉は茎の上部にいくにしたがって小型になり,葉柄の基部は広い鞘(さや)状になって茎を抱く。夏から秋のころ,枝先に大きい複散形花序を作って,多数の白い小さい花をつける。花に多くの甲虫が集まる。花には柄があり,花弁は5枚で,先は内に巻く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシウド
ししうど / 猪独活
[学]Angelica pubescens Maxim.

セリ科の大形の多年草。茎は高さ1~2メートル。葉は大形で2~3回3出羽状複葉、裏面の脈上に毛がある。葉柄の基部は鞘(さや)状に膨らむ。8~10月、径50センチメートルに達する傘形の大形の散形花序をつくり、白色花を開く。果実は楕円(だえん)形で長さ約8ミリメートル、広い翼がある。山地の草原に生え、本州から九州、および中国に分布する。根を独活根(うどこん)と称し、薬用とする。アマニュウは本種に似るが、葉に毛が生えないこと、花柄の基部に小総包葉があることで区別される。
 シシウド属は北半球を中心に80種あり、日本には前種のほか、本州から沖縄の海岸に生えるハマウドA. japonica A. Grayをはじめ19種が分布する。属名のAngelicaは、本属の1種が強心剤として死者をよみがえらすほど著しい効果があるということから、天使を意味するラテン語angelusにちなむ。俗にアンゼリカとよぶ洋菓子の材料(色づけ、香りづけ)はヨーロッパの高山に生える別種A. archangelica Hoffm.の茎や葉柄を砂糖漬けにしたものである。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シシウドの関連キーワードミヤマセンキュウ野草(植物)北浜原生花園ミヤマゼンコアンゼリカヨロイグサヤマゼリキアゲハハナウド独活羗活ハマウドアシタバ犬独活両平草馬独活双懸果独活鎧草羌活

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android