コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッランパー シッランパー Sillanpää, Frans Eemil

4件 の用語解説(シッランパーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッランパー
シッランパー
Sillanpää, Frans Eemil

[生]1888.9.16. ハメーンキュロ
[没]1964.6.3. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。 1939年度ノーベル文学賞受賞。小農民の子として生れ,大学時代は生物学,植物学に親しんだが,13年学業を中断して帰郷し,結婚して文筆活動に入った。その作品は,正確な生物学的観察眼に支えられた,独自のリアリズムに拠っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シッランパー

フィンランドの作家。ヘルシンキ大学自然科学を学んだ。自然の中に生きる人間の姿と心理の描写にすぐれ,農民小説には迫力がある。処女作《人生と太陽》(1916年)に次いで《若くして逝きしもの》(別名シルヤ),《夏の夜の人々》などがあり,1939年ノーベル文学賞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シッランパー【Frans Eemil Sillanpää】

1888‐1964
フィンランドの作家。南西部の寒村ハメーンキュロの貧農の家に生まれ,ヘルシンキ大学で生物学・植物学を5年学び,1913年郷里に帰って文筆活動に入った。処女作《人生と太陽》(1916)は,三角関係を生物学的人間観に立ちながらも印象的・抒情詩的に描き注目された。独立宣言後の18年に起きた白軍と赤軍の内戦に触発されて,赤軍に身を投じた無知な一農民の死を描いた長編小説《聖惨》(1919。邦訳《聖貧》)が出世作となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッランパー
しっらんぱー
Frans Eemil Sillanp
(1888―1964)

フィンランドの小説家。南西部の寒村ハメーンキュロの貧農の家に生まれる。苦学してヘルシンキ大学で生物学、植物学を5年間学んだ。しかし、単位を取得せず、メーテルリンクノルウェーの作家ハムスンロシア文学などに親しんだり、ヘルシンキ近郊のトゥースラで活動していた芸術家グループに参加し、作曲家シベリウス、画家ハロネンほか、この国のエリートや芸術家に接して刺激を受け、1913年帰郷し、文筆活動に入った。処女作『人生と太陽』(1916)は、若者の熱く激しい愛と限りなく単調な農村生活を、生物学的人間観にたって印象的、叙情的に描いて注目された。独立宣言後の18年に起きた白・赤軍による内戦に触発されて、赤軍に身を投じた無知な一農民の死を描いた長編小説『聖惨』(1919。邦訳名『聖貧』)が彼の出世作となった。不名誉と屈辱的な死に至るほかになす術(すべ)のなかった主人公に、自然科学研究に影響された宿命論がみえ、作品は賛否両論を生んだ。シッランパーの名を世界的に広めた『若く逝きし者』(1931)は、農家の若い病弱な末娘が、薄幸な人生の果てにありながらも微笑を浮かべて迎える死と、大自然の美しさを描き、リアリズムのなかにメーテルリンク風の神秘主義が漂う。貧しい農民の宿命的な人生を自然主義風に描いた一連の作品群によって39年ノーベル文学賞を受賞した。ほかに『男の道』(1932)、『白夜の人々』(1934)など。[高橋静男]
『桑木務訳『聖貧』(『ノーベル賞文学全集7 ブーニン、バック、シランペー』所収・1971・主婦の友社) ▽阿部知二訳『若く逝きしもの』(1953・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシッランパーの言及

【フィンランド】より

…またカッラスAino Kallas(1878‐1956)のエストニアに取材した作品も忘れてはならない。 フィンランド文学の最高峰とされるノーベル賞作家シッランパーの作風は人間を生態的,自然神秘的にとらえる点に特色がある。代表作に《聖貧》(1919)と《若くして逝く》(1931)がある。…

※「シッランパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シッランパーの関連キーワードトペリウスバフィン島フィン人フィンランディアナーンタリムーミンワールドタピオラフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone