コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトラール citral

百科事典マイペディアの解説

シトラール

化学式はC1(/0)H16O。テルペンアルデヒドの一種。2種の立体異性体があり,シス型をネラール,トランス型をゲラニアールともいう。レモン香をもつ淡黄色の液体。沸点228℃。レモン油,レモングラス油などの精油中に広く存在する。還元すればゲラニオールネロールになる。香料およびイオノン合成原料として重要。
→関連項目レモングラス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

シトラール

 レモングラスの精油の主成分で,レモンの香りを有する.シトラールαとβの混合物で,αはネラールとよばれ,βはゲラニオールとよばれる.食品添加物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトラール【citral】

強いレモン様香気をもつ非環式モノテルペンに属するアルデヒド。レモン油,レモングラス油,マンダリン油をはじめ多くの精油中に存在する。2種の立体異性体が存在し,シス型をネラール,トランス型をゲラニアールともいう。レモングラス油などに存在する天然シトラールは,trans‐シトラール80~90%,cis‐シトラール10~20%の混合物である。無色の液体で,大気中,日光下で淡黄色に変色しやすい。比重0.89,沸点228℃,引火点92℃。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトラール
しとらーる
citral

鎖状モノテルペンアルデヒドの一つ。イネ科の植物レモングラスの葉を水蒸気蒸留して得られる精油であるレモングラス油の主成分。レモン様芳香を有する淡黄色の液体。天然産シトラールはトランス形のゲラニアール(α-シトラール)80%、シス形のネラール(β-シトラール)20%の混合物である。工業的にはゲラニオールの接触空気酸化によって製造される。食品香料、せっけん香料、コロン用香料として用いられるが、ヨノン、ビタミンAおよびビタミンEの合成原料としても重要である。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシトラールの言及

【レモングラス】より

…全草にレモンのような芳香を発する精油を含み,熱帯や亜熱帯地域で香料用に栽培される。茎と葉を刈り取ってそれから抽出するレモングラス油は50~80%のシトラールを含有する。また,葉をスープやカレーの芳香づけにも用いる。…

※「シトラール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シトラールの関連キーワードシトラール(データノート)テレビン油立体異性体フェロモンレモン油柑橘油ピネン

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android