コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シニャック シニャック Signac, Paul

6件 の用語解説(シニャックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シニャック
シニャック
Signac, Paul

[生]1863.11.11. パリ
[没]1935.8.15. パリ
フランス新印象主義の画家。 A.ギヨーマンの弟子。セザンヌゴッホゴーガンらの作品に学び,水辺の風景画にすぐれる。アンデパンダン展の創設に尽力,1908年から死去まで同会長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シニャック(Paul Signac)

[1863~1935]フランスの画家。新印象主義の代表者の一人。点描法を用いて、河や海港など水辺の風景を好んで描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シニャック

フランスの画家。パリ生れ。モネピサロの教えを受けた後,スーラに出会い新印象主義に共鳴する。スーラの死後その理論の普及に努め,《ドラクロアから新印象主義まで》(1899年)を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シニャック【Paul Signac】

1863‐1935
フランスの画家。パリで生まれ,同地で没。スーラとともに点描主義を追究し,その理論を《ドラクロアから新印象主義まで》(1899)にまとめた。はじめ,モネの影響下に描くが,1884年,シニャック自身も創設者の一人だった第1回アンデパンダン展の際にスーラを知り,その視覚混合の理論に基づいて純色を点描していく方法に深く共鳴する。86年,最後の印象派展にスーラとともに新印象主義の最初の作例を出品。のちに幅広い筆触を用いるようになったとはいえ,シニャックは生涯この理論に忠実であり,とりわけ均衡感あふれるなかにも,動きのある晴朗な海景画を得意とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シニャック【Paul Signac】

1863~1935) フランスの画家。スーラとともに新印象主義の代表者として活躍。スーラの点描法を発展させて、港風景を多く描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シニャック
しにゃっく
Paul Signac
(1863―1935)

フランスの画家。富裕な馬具商の息子としてパリに生まれる。生涯経済的に困ることはなかったが、思想的には筋金入りアナーキストであった。1882年の数か月間エミール・バンのアトリエで学んだほかは正式な絵画教育を受けなかった。初期の作品は、モネ、さらにはギヨーマンの強い影響を示している。84年、アンデパンダン芸術家協会創設の際スーラと親交を結んでからは、光と色彩の科学的法則に目を開かされ、以来2人は互いに欠を補い合いながら新しい絵画理論の構築と実践に邁進(まいしん)し、新印象主義発展の牽引(けんいん)車となった。2年後の86年、印象派最後の展覧会にともにその成果を発表、新印象主義の誕生を告げた。当時の代表作に『フェリクス・フェネオンの肖像』(1890)がある。シニャックにとって91年のスーラの急逝は大きな痛手となり、新印象主義の一時的な衰退を招いたりもしたが、この運動のスポークスマンを自ら任ずる彼は、やがてふたたび精力的にその普及活動に乗り出す。同時に、科学的に正確に統御された小さな色斑(しきはん)によるスーラの点描法から、比較的大きなモザイク状の描法に転じ、より純粋な色彩画家としての側面を鮮明にするようにもなった。アンデパンダン協会の会長を務めたり、自ら発見したと称する南フランスのサン・トロペに芸術家を招いてそのホスト役を務めるなど、数々の交友によって新印象主義の画法を次代の画家たちに伝えるうえで大きな役割を果たした。また文筆活動も盛んで、その明晰(めいせき)な著作『ウージェーヌ・ドラクロワから新印象主義まで』(1899)は色彩理論の基本的なテキストとなった。パリで没。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシニャックの言及

【新印象主義】より

…フランスで19世紀末,1880年代前半から90年代にかけて,まずスーラ,ついでシニャックを中心に展開された絵画運動。〈新印象主義〉という呼称は,象徴主義的美術批評家フェネオンFélix Fénéonによる。…

【スーラ】より

…82‐83年,対象を輪郭のぼんやりとした影のように表現するデッサンによって明暗のコントラストを探究し,83年,油彩による最初の大作《アニエールの水浴》に着手する(1884完成)。スーラの本質ともいうべき,冷ややかな静けさに満たされたこの作品は,84年,彼自身創立メンバーの一人だったアンデパンダン展(第1回)に出品され,シニャックの共感を得る。以後,二人はともに,純色を点描によって並置することで輝かしい視覚混合を生み出す(点描主義)一方で,画面全体を幾何学的な秩序感覚で統合する,いわゆる新印象主義を基礎づけていく。…

※「シニャック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シニャックの関連キーワードイルドフランスカリエールボニントンラプラスラルジリエールフランスソワールバルチュス山田キクル・シュウールル・ナン兄弟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シニャックの関連情報