コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネオール cineole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シネオール
cineole

化学式 C10H18O 。ユーカリ油の主成分でユーカリプトールとも呼ばれる。クスノキの精油中に存在するモノテルペンアルコールで,ショウノウの香りをもつ無色の液体。沸点 177℃。刺激作用,去痰作用がある。香料,医薬品に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シネオール
しねおーる
cineole

二環状モノテルペンの一つ。フトモモ科のユーカリノキの葉を水蒸気蒸留して得られる精油であるユーカリ油の主成分。ユーカリプトールeucalyptolともいう。天然に広く存在し、樟脳(しょうのう)、ハッカに似た清涼な香気を有する無色の液体。シネオールを含有する精油を分留して沸点170~180℃の留分をとり、ドライアイスなどの寒剤で冷却し、析出する結晶を分離して製品とする。人造ユーカリ油、鎮咳(ちんがい)剤、殺菌防臭剤として用いられる。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シネオールの関連キーワードシネオール(データノート)細胞分裂阻害型除草剤ウスバサイシンローズマリー油ローズマリーゲッケイジュマンネンロウラベンダー油ペパーミントカルダモンセメンシナニッケイセージにおい

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android