シネオール(英語表記)cineole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シネオール
cineole

化学式 C10H18O 。ユーカリ油の主成分でユーカリプトールとも呼ばれる。クスノキの精油中に存在するモノテルペンアルコールで,ショウノウの香りをもつ無色の液体。沸点 177℃。刺激作用,去痰作用がある。香料,医薬品に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シネオール
しねおーる
cineole

二環状モノテルペンの一つ。フトモモ科のユーカリノキの葉を水蒸気蒸留して得られる精油であるユーカリ油の主成分。ユーカリプトールeucalyptolともいう。天然に広く存在し、樟脳(しょうのう)、ハッカに似た清涼な香気を有する無色の液体。シネオールを含有する精油を分留して沸点170~180℃の留分をとり、ドライアイスなどの寒剤で冷却し、析出する結晶を分離して製品とする。人造ユーカリ油、鎮咳(ちんがい)剤、殺菌防臭剤として用いられる。

[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

シネオール
シネオール
cineol, cineole

1,3,3-trimethyl-2-oxobicyclo[2.2.2]octane.C10H18O(154.25).p-メンタン炭素骨格をもつモノテルペンオキシド.ユーカリ油など多くの植物精油中に含まれている1,8-シネオールと,ヒッチョウカPiper cubebaの果実に含まれている1,4-シネオールとがあるが,普通,前者をさす.1,8-シネオールを加水分解するとトランス形テルペンを生じる.1,8-シネオールは融点1 ℃,沸点174 ℃.1.455.1,4-シネオールは沸点172 ℃.0.9.1.447.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報