コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネラリア Senecio cruentus(Cineraria cruenta); cineraria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シネラリア
Senecio cruentus(Cineraria cruenta); cineraria

キク科の越年草。大西洋上のスペイン領カナリア諸島原産。サイネリアともいわれ,またフウキギク,フキザクラの和名もある。葉は大きな心臓形,縁が波状になって上面緑色,下面は紫色を帯びる。春から初夏にかけて,茎の上部でよく分枝し多数の美しい頭状花を散房状につける。舌状花の色は,紅,紫,濃紫,赤紫,白などで,舌状花冠の基部で色の変る複色の品種が多い。中心の管状花は普通紫色,まれに黄色である。頭花の直径は3~4cmのものが普通であるが,品種により大輪のものや,背も低く頭花も小さいものまでさまざまである。植物分類学上はサワギク属 Senecioに入れるが,園芸界では古い属名の Cinerariaが使われることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シネラリア(cineraria)

キク科の多年草。高さ40~60センチ。葉は心臓形に近い卵形でフキに似る。冬から春に、紅・紫・白などの花を多数つける。カナリア諸島の原産。観賞用に温室で栽培される。蕗菊(ふきぎく)。蕗桜(ふきざくら)。サイネリア。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シネラリア

花屋ではサイネリアとも。カナリア諸島原産のキク科の多年草を主たる交雑親として作出された園芸品種群。普通には一年草として夏〜秋まきにして,低温室で育てる。草たけは20〜30cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シネラリア【cineraria】

キク科の多年草(イラスト)。死に通ずる語感を嫌ってサイネリアとも,またフウキギク(富貴菊)ともいう。シネラリアは古い属名による名称。カナリア諸島原産で,直立する短い茎から,心臓状卵形の葉が四方へ互生する。葉は緑色で,葉裏が紫紅色。散房花序で,冬から春にかけて,花軸の上にキクの花に似た頭花をつける。春の鉢花としてよく知られ,園芸品種が多数あり,高性,矮性(わいせい)のものや,花色も紅,桃,青,紫,白,黄といろいろで,絞り咲き,蛇の目咲きのものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シネラリア【Cineraria】

キク科の多年草。カナリア諸島原産。日本では一、二年草として観賞用に栽培する。高さ約40センチメートル。根葉は心臓状卵形でフキに似る。晩春、紅紫・青・白などの頭花を多数つける。品種が多い。蕗桜ふきざくら。蕗菊ふきぎく。サイネリア。シネラリヤ。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シネラリア
しねらりあ
cineraria
[学]Senecio cruenta DC.

キク科の不耐冬性一年草。シネラリアのシが死に通ずるとして嫌い、一般にはサイネリアとよばれる。和名をフキギク(蕗菊)またはフキザクラ(蕗桜)ともいう。アフリカのカナリア諸島原産。葉はフキに似た卵形の広葉で茎は直上し、その先に花柄を分枝して小ギク状の頭状花をつける。花色は紅桃、桃、藤青、紫、白色などあり、花弁の外側が有色のものや、外側が白色で蛇の目模様になるものも多い。プリムラ類と並んで3、4月の代表的な鉢花であるが、市場には最近11月下旬ころから出荷されるものがあって、開花期の幅は広がっている。また、4月以降霜のおそれがなくなると花壇やプランター用としても利用される。
 系統は、花径が7~10センチメートルにもなり花つきは多くはない大輪のグランディフローラ系、花径4~6センチメートルの小輪系であるが、花は株を覆うほどたくさんつき、丈は30~40センチメートルくらいになるマルチフローラ系、両系統の中間型とみられるダルマ系の三つに大別される。ダルマ系はわが国独特の中輪系で、花つきも多く、丈も20~30センチメートルと低く、株全体がこぢんまりと締まり、もっとも多くみかける系統で、蛇の目模様の花もほとんどこの系統である。
 繁殖は実生(みしょう)により、8月下旬から9月中旬ころまで、できるだけ日よけをした涼しい所に播(ま)く。一度仮植え後、3号鉢にあげ、さらに株が発育した段階で5号鉢に鉢替えする。シネラリアは十分日に当てて育て、冬季は日中20℃前後、夜間は5~8℃くらいの温度下で栽培する。病害虫はうどんこ病が出やすく、アブラムシもつきやすい。[鶴島久男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシネラリアの言及

【セネシオ】より

…鉢物や花壇材料として扱われる。シネラリアはカナリア諸島の原産で,サイネリア,フウキギク(富貴菊)の名もある。直立する短い茎から心臓状卵形の葉が四方へ互生し,葉は表が緑色で裏が紫紅色。…

※「シネラリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シネラリアの関連キーワードブラキカム温室植物セネシオ二年草種苗根葉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android