コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノン Chinon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノン
Chinon

フランス中西部,アンドルエロアール県の町。ロアール川の支流ビエンヌ川にのぞむ。背後の丘には,1429年にシャルル7世がジャンヌ・ダルクを引見したといわれるシノン城 (12~15世紀) がそびえる。市街には 15~16世紀の古い家並みや聖メクスム聖堂など多数の聖堂が現存。野菜や果物の缶詰,既製服工業などが立地。北西郊外のアボアヌ村にシノン原子炉がある。人口 6030 (1982) 。

シノン
Sinōn

ギリシア神話の人物。トロイ戦争の最後にギリシア方が案出した木馬の計を成功させるため,わざとトロイ方の捕虜になり,巧みな嘘をついて,トロイ人たちが腹の中に勇士たちの隠れた木馬を城内に引入れるようにしむけ,ギリシア軍の勝利に貴重な貢献をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シノン【Chinon】

フランス中西部,アンドル・エ・ロアール県の都市。人口8700(1982)。町はビエンヌ川沿いに発展し,背後の丘陵には12~15世紀の大規模な城砦城壁および一部建築物が残存,現在復元工事中。百年戦争中の1429年フランス王太子(のちのシャルル7世)とジャンヌ・ダルク会見の地,大作家ラブレーの故郷として広く知られる。中世,16世紀の民家や穴居人住居跡の洞窟が多く,町並み保存地区に指定されている。周辺はブドウ酒の産地。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シノン
しのん
Sinn

ギリシア神話の英雄オデュッセウスの血縁にあたる人物。トロヤ攻略の際のギリシア軍側のスパイ。オデュッセウス(またはエペイオス)の発案により巨大な木馬を作製したギリシア軍は、その中に兵士を詰め、アテネ女神への捧(ささ)げ物と彫り込んでこれを放置した。そしてシノン1人を残し、トロヤからの撤退を偽装した。わざとトロヤ側に捕まったシノンは、プリアモス王の前で、木馬を城内に引き入れれば敗れることはないと偽り、それを信じたトロヤ側はカッサンドラとラオコーンが凶と預言していたにもかかわらず木馬を城内に引き入れてしまった。その夜、闇(やみ)に乗じて木馬の腹を開けたシノンは、オデュッセウスをはじめ中の兵士を導き出すとともにアキレウスの墓の上でのろしをあげ、偽装撤退していた味方の軍を呼び寄せて一気にトロヤの城市を攻略せしめた。[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シノンの関連キーワードプロミックス繊維トゥーレーヌユッセ城アズロン殺鼠剤制癌剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android