コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバナ

百科事典マイペディアの解説

シバナ

シバナ科の多年草。北海道〜九州および北半球温帯に広く分布し,河口や干潟近くの塩分を含む湿地にはえる。葉は根生し,線形。5〜10月,高さ15〜20cmの直立する花茎をのばし,多数の花を総状につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シバナ【seaside arrowgrass】

シバナ科の多年草(イラスト)。日本では河口や干潟の縁の塩分を含む湿地にはえる。葉は細く,根生し,断面は半円形で,長さ10~40cm,基部に葉鞘(ようしよう)と葉舌がある。シアン化合物を含み,特有のにおいがする。5~10月に,直立する高さ15~50cmの花茎を出し,総状に多数の花をつける。花柄は長さ1.5~3mmで,花被はない。おしべは6個で,上下の2輪にわかれて3個ずつつく。葯は無柄で,舟形で淡緑色の葯隔付属突起に包まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバナ
しばな / 塩場菜
[学]Triglochin asiaticum (Kitagawa) Lve et Lve

シバナ科の多年草。ウミニラ、ヒロハノミサキソウともいい、ゆでて食べられる。根生葉は線形でやや多肉質、長さ10~40センチメートル、幅0.5~1センチメートル。6~10月、高さ10~30センチメートルの花茎に総状または穂状花序をなし、黄緑色で雌しべ先熟の両性花を開く。花被片(かひへん)は内外各3枚、長さ2.5ミリメートルの楕円(だえん)形で先は鈍くとがる。雄しべ6本、雌しべ1本。子房は胞形の6室からなり、長さ3~5ミリメートルの袋果となる。成熟すると、長楕円形で長さ約2ミリメートルの種子が1、2個できる。海浜の湿地に生え、中部地方以西の本州に分布する。関東地方以北の本州、北海道、および北半球の温帯にはオオシバナT. maritimum L.が自生する。マルミノシバナともいい、葉幅が狭く、果実は楕円形である。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シバナの関連キーワードスズムシソウ(キツネノマゴ科)シェンノンチヤ(神農架)林区スズムシソウ(鈴虫草)ツユクサ(露草)ホソバノシバナ読谷山ミンサーシシバナザルイボハナザル細葉の塩場菜北京動物園カルリロエイセハナビキンシコウAYANO獅子鼻猿紺屋太郎ツユクサシバナ科アマモ科前田公輝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android