シバナ

世界大百科事典 第2版の解説

シバナ【seaside arrowgrass】

シバナ科の多年草(イラスト)。日本では河口や干潟の縁の塩分を含む湿地にはえる。葉は細く,根生し,断面は半円形で,長さ10~40cm,基部に葉鞘(ようしよう)と葉舌がある。シアン化合物を含み,特有のにおいがする。5~10月に,直立する高さ15~50cmの花茎を出し,総状に多数の花をつける。花柄は長さ1.5~3mmで,花被はない。おしべは6個で,上下の2輪にわかれて3個ずつつく。葯は無柄で,舟形で淡緑色の葯隔付属突起に包まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバナ
しばな / 塩場菜
[学]Triglochin asiatica (Kitag.) A. et D.Lve、Triglochin asiaticum (Kitagawa) Lve et Lve

シバナ科(APG分類:シバナ科)の多年草。ウミニラ、ヒロハノミサキソウともいい、ゆでて食べられる。根生葉は線形でやや多肉質、長さ10~40センチメートル、幅0.5~1センチメートル。6~10月、高さ10~30センチメートルの花茎に総状または穂状花序をなし、黄緑色で雌しべ先熟の両性花を開く。花被片(かひへん)は内外各3枚、長さ2.5ミリメートルの楕円(だえん)形で先は鈍くとがる。雄しべ6本、雌しべ1本。子房は胞形の6室からなり、長さ3~5ミリメートルの袋果となる。成熟すると、長楕円形で長さ約2ミリメートルの種子が1、2個できる。海浜の湿地に生え、中部地方以西の本州に分布する。関東地方以北の本州、北海道、および北半球の温帯にはマルミノシバナT. maritima L.(T. maritimum L.)が自生する。オオシバナともいい、葉幅が狭く、果実は楕円形である。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android