コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフィエントホフスキ シフィエントホフスキŚwiętochowski, Aleksander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフィエントホフスキ
Świętochowski, Aleksander

[生]1849.1.18. ストチェク
[没]1938.4.25. ゴウォチズナ
ポーランドの言論活動家,歴史家。ポーランド実証主義,「有機的労働」運動の指導的理論家。ワルシャワ中央学校で歴史,ライプチヒ大学で哲学を学ぶ。1867年から評論活動を開始,多くの新聞,雑誌の主筆を務め,旧世代の保守主義を批判。反教権主義自然科学教育の普及,農民,労働者の生活条件の改善,ユダヤ人の同化,同権,婦人解放などを唱えて同時代の知識人に大きな感化を及ぼした。1905年ロシア革命に際しては知識人の政党「民主進歩同盟」を結成,会議王国ポーランド王国)の自治を要求。以後評論活動のかたわら農民啓蒙活動に従事し,『ポーランド農民史概説』Historia chłopów polskich w zarysie(1925~28)を著した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シフィエントホフスキ【Aleksander Świętochowski】

1849‐1938
ポーランドポジティビズム運動の指導的な人物で,一月蜂起の敗北後,武装蜂起によって独立を回復しようとする考え方を徹底して批判した。ポドラシェ地方の貧しいシュラフタ(貴族)の家庭に生まれ,1866‐69年にワルシャワ中央学校(現,ワルシャワ大学)で学んだ。卒業後は《週刊評論》において鋭い旧世代批判の論陣を張り,〈新世代の首領〉として一躍名声を博した。地道な社会の〈底辺における労働〉こそポーランド復興のための最善の方法であるとする彼の主張は,在学中に学んだ西欧の実証主義哲学の進化論の知識によって裏付けられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシフィエントホフスキの言及

【ポジティビズム運動】より

…〈ポジティビズムpozytywizm〉の名称は,彼らが自分たちの発言の正当性を西欧の実証主義哲学(ポジティビズムpositivism)によって根拠づけたところからくる。運動は1862年にワルシャワ中央学校の名前で再興されたワルシャワ大学の卒業生を中心に展開されたが,なかでも有名だったのが〈新世代の首領〉と呼ばれたシフィエントホフスキである。そのほかプルスシェンキエビチオジェシュコバらも,この運動の支持者として知られている。…

※「シフィエントホフスキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シフィエントホフスキの関連キーワードジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去広岡浅子ライカカメラ