シャクジョウソウ(読み)しゃくじょうそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「シャクジョウソウ」の解説

シャクジョウソウ
しゃくじょうそう / 錫杖草
[学] Monotropa hypopitys L.

イチヤクソウ科(APG分類:ツツジ科)の多年草。腐生植物で、全体が淡黄褐色を帯び、葉緑素はない。は高さ10~20センチメートルで軟毛があり、広披針(こうひしん)形の鱗片葉(りんぺんよう)を互生する。6~7月、茎上部に筒形の花を下向きに開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚で内面に毛がある。果実は球形で直立する。名は全体の形を錫杖(しゃくじょう)に見立てたものである。山地帯から亜高山帯の林内に生え、日本全土、およびアジア、ヨーロッパ、北アメリカの温帯から亜寒帯に分布する。シャクジョウソウ属は子房は4~5室、胚珠(はいしゅ)は中軸胎座につき、果実は蒴果(さくか)であり、近縁のギンリョウソウ属とは子房の断面で識別できる。北半球に5種あり、日本に2種分布する。

[高橋秀男 2021年4月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「シャクジョウソウ」の解説

シャクジョウソウ

シャクジョウバナとも。イチヤクソウ科の多年生の腐生植物。北海道〜九州,東アジアに分布し,林下にはえる。茎は高さ20cm内外,直立し,肉質で淡黄褐色。葉は退化し,鱗片状となる。5〜7月,淡黄白色の花が,茎頂に数個総状に集まって下向きに咲き,果実は直立して熟する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる