コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャクジョウソウ

2件 の用語解説(シャクジョウソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャクジョウソウ

シャクジョウバナとも。イチヤクソウ科多年生腐生植物北海道〜九州,東アジアに分布し,林下にはえる。茎は高さ20cm内外,直立し,肉質で淡黄褐色。葉は退化し,鱗片状となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャクジョウソウ
しゃくじょうそう / 錫杖草
[学]Monotropa hypopitys L.

イチヤクソウ科の多年草。腐生植物で、全体が淡黄褐色を帯び、葉緑素はない。茎は高さ10~20センチメートルで軟毛があり、広披針(こうひしん)形の鱗片葉(りんぺんよう)を互生する。6~7月、茎上部に筒形の花を下向きに開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚で内面に毛がある。果実は球形で直立する。名は全体の形を錫杖(しゃくじょう)に見立てたものである。山地帯から亜高山帯の林内に生え、日本全土、およびアジア、ヨーロッパ、北アメリカの温帯から亜寒帯に分布する。シャクジョウソウ属は子房は4~5室、胚珠(はいしゅ)は中軸胎座につき、果実は(さくか)であり、近縁のギンリョウソウ属とは子房の断面で識別できる。北半球に5種あり、日本に2種分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャクジョウソウの関連キーワード一薬草梅笠草銀竜草孔雀草九僧錫杖草錫僧着相雛の錫杖小一薬草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone