コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャスタ山 シャスタさんMount Shasta

2件 の用語解説(シャスタ山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャスタ山
シャスタさん
Mount Shasta

アメリカ合衆国西部,カリフォルニア州北部にある円錐火山。標高 4317m。カスケード山脈中の一雄峰で,頂上は氷河に覆われる。 1827年に発見され,1854年初登頂。山の名はこの地方に古くから住むアメリカインディアンのシャスタ族に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャスタ山
しゃすたさん
Mount Shasta

アメリカ合衆国、カリフォルニア州北部にある、カスケード山脈南部の安山岩質の成層・円錐(えんすい)火山。標高4317メートル。寄生火山が多く、見る向きによって姿がかなり変わる。1786年の噴火が記録され、当時噴出したらしい溶岩流もある。山頂部に谷氷河がある。山麓(さんろく)のシャスタ・ダムは、同州の巨大都市サンフランシスコの水がめである。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャスタ山の関連情報