コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャノン[川] シャノン

2件 の用語解説(シャノン[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャノン[川]【シャノン】

アイルランド北部山地に発する川。多数の氷食湖を連結しながら中央部の低地を南流し,リメリック大西洋に注ぐ。イギリス諸島中最大の川で,全長370km。流路は大部分航行可能で,東岸のダブリンと運河で結ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャノン[川]【Shannon River】

アイルランド島最長の川。全長370km。キャバン県と北アイルランドとの境に水源があり,中央平原を南下してアレン湖,リー湖,ダーグ湖を貫流し,リメリック市から西に90kmに及ぶ長大な三角江を形成して大西洋に注ぐ。両岸の地盤が軟弱なこともあって橋が少なかったため,歴史的には,アイルランドを東西に分ける役割を果たしてきたが,1805年にタラモー市を経由してダブリン市に通ずる大運河が完成し,西部の物産がダブリンからイギリスへと容易に出荷されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャノン[川]の言及

【アイルランド】より

…氷河の移動により西部では土壌が取り除かれて岩の露出する不毛な地帯が形成され,東部には堆積物による肥沃な土地がつくられた。全島いたるところに沼沢地,泥炭地がみられるが,特にシャノン川流域には多い。アルスター地方との境にあたる部分には,西海岸から東海岸まで広く帯状に小丘陵(ドラムリン)がつらなり,昔は南部との交通も困難なほどであった。…

※「シャノン[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャノン[川]の関連キーワードアイルランド語アルスター北アイルランドベルファストアイリッシュ愛蘭シンフェイン党聖ピーターアイルランド教会セントピーターアイルランド教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone