コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリンバイ

2件 の用語解説(シャリンバイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャリンバイ

東北地方南部〜沖縄の海岸にはえるバラ科の常緑低木。東アジアにも分布。葉は広楕円形で厚くて堅く,表面には光沢があり,縁には微鋸歯(きょし)がある。4〜6月,枝先に円錐形の花序をつけ,径1〜1.5cmの白色5弁の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャリンバイ
しゃりんばい / 車輪梅
[学]Rhaphiolepis umbellata (Thunb.) Makino

バラ科の常緑低木。高さ1~4メートル。多くの枝に分かれる。葉は単葉で枝の先に集まって互生し、倒卵形から楕円(だえん)形で、有柄で縁(へり)にすこし鋸歯(きょし)があるかまたは全縁である。托葉(たくよう)は線形で早く落ちる。5~6月、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、白色の5弁花を開く。雄しべ20本。雌しべは2本、子房は下位。果実はなし状果、球形で径約1センチメートル、やや光沢があり、黒く熟す。暖地の海岸に生え、本州から九州に分布する。形態的な変異が大きい。葉身が広倒卵形から広楕円形でほとんど全縁の変種をマルバシャリンバイといい、よく庭園や道路の植え込みに用いる。名は、葉が輪生状につくことから車輪になぞらえ、また花がウメに似ることからつけられたという。シャリンバイ属は、アジアの亜熱帯から暖温帯に約15種分布する。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャリンバイの関連キーワードオイカワキビナゴ三陸海岸東北地方ハタハタムツ黄蝶仙台萩アシタバカワノリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャリンバイの関連情報