コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュターミツ シュターミツ Stamitz, Johann Wenzel Anton

4件 の用語解説(シュターミツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュターミツ
シュターミツ
Stamitz, Johann Wenzel Anton

[生]1717.6.19. ドイチュブロート
[没]1757.3.27. マンハイム
ドイツマンハイム楽派の代表的作曲家,バイオリニストボヘミアに生まれ,音楽家であった父のもとで教育を受けた。 1742年,フランクフルトで行なわれたカルル7世の戴冠式のおり,バイオリンの名手として注目を集める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュターミツ

ボヘミア(チェコ)に生れ,ドイツで活曜した作曲家,バイオリン奏者。チェコ名は,ヤン・バーツラフ・アントニーン。ボヘミアの教会オルガン奏者の子として生まれる。1741年ころボヘミアを離れ,マンハイムの宮廷楽団に入団,のち首席バイオリン奏者,器楽監督などを務める。
→関連項目合奏協奏曲管弦楽シンフォニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュターミツ【Johann Stamitz】

1717‐57
ボヘミア(チェコ)の作曲家,バイオリン奏者。マンハイムの宮廷で活躍し,マンハイム楽派の主導的人物として広範な影響を与える。おそらく1741年にボヘミアを離れて,マンハイムの宮廷にバイオリン奏者として仕え,44‐46年にコンサートマスターヨーロッパにおけるオーケストラの基礎を作り,またたくさんの有能な弟子たちを育てる。作曲家としては,約60曲の交響曲,10曲のオーケストラ・トリオのほか,協奏曲室内楽曲などが現存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュターミツ
しゅたーみつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュターミツの関連キーワードシュポーアボヘミアボヘミア兄弟団ボヘミアガラス野ばとボヘミアの森から真昼の魔女水の精ボヘミアン・シェパード・ドッグロカテリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone