コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュポール/シュルファス シュポール・シュルファス supports/surface(仏)

3件 の用語解説(シュポール/シュルファスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュポール/シュルファス
シュポール・シュルファス
supports/surface(仏)

1968年の5月革命以後,あらゆる制度的なものへの問い直しを行なったフランスの美術集団とその展覧会名。 60年代末から活動していた南仏の C.ヴィアラ,D.ドゥズーズ,V.ブィウレス,P.セトゥールらにパリの L.カーン,M.ドヴァドらが合流して 70年にパリで初のグループ展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュポール/シュルファス

シュポールはフランス語で〈支持体〉,シュルファスは〈表面〉のこと。1968年パリの五月革命を反映し,絵画を成立させてきた既存の制度を検証し直す運動。1960年代末から南フランスで活動を始めていたクロード・ビアラ〔1936-〕,ダニエル・ドゥズーズらとパリのルイ・カーヌらが合流し,1970年パリで〈シュポール/シュルファス〉展を開催した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュポール/シュルファス
しゅぽーるしゅるふぁす
Supports/Surfaces

1970年代初頭に、南フランスを中心に活動した芸術家のグループ、またその運動。「シュポール」とは「支持するもの」、「シュルファス」は「表面」を意味する。最初期のメンバーにクロード・ビアラClaude Viallat(1936― )、ダニエル・ドゥズーズDaniel Dezeuze(1942― )、バンサン・ビウレスVincent Biouls(1938― )、マルク・ドゥバドMarc Devade(1943―83.)、パトリック・セトゥールPatric Saytour(1937― )、アンドレ・バランシAndr Valensi(1947― )がいて、のちにルイ・カーヌLouis Cane(1943― )、ベルナール・パジェスBernard Pags(1940― )、ノエル・ドラNol Dolla(1945― )が加わった。語呂合わせのようなグループ名は、1970年9月、パリ市立近代美術館で開催された前述の最初期のメンバーたちによる展覧会に際して、ビウレスが発案したものである。
 グループ名の「シュポール=支持するもの」も「シュルファス=表面」も、絵画芸術の物質的な次元にかかわる。絵画の問題とは、たとえばカンバスの布などによって絵具を「支持」する(そこから一般にそれら布や紙は絵画の「支持体」と呼ばれる)ことによって成立する、「面」という物質的な次元にかかわる問題なのだという彼らの考えがグループ名から読みとれる。「シュポール」と「シュルファス」のあいだの「/」(スラッシュ)は、両者の同じとも別のものともいえない独特の関係を表している。こうした「/」の用法は、当時彼らに読まれていた構造主義の思想(とりわけジャック・ラカン)から借りている。さらにセトゥールは、絵画をそうした物質のレベルで再考するという試みを絵画の「脱構築」であると論じ、ここではポスト構造主義(とりわけジャック・デリダ)の哲学が参照されている。
 このグループはまた、68年の五月革命以後の「異議申し立て」の時代に活動を開始したのにふさわしく、ほかにもさまざまな思想との連携をとった。政治的にはフランス共産党や毛沢東主義に、文学的には雑誌『テル・ケル』に接近、さらにその『テル・ケル』経由で精神分析学にも強い関心を抱いた。また自分たちでもグループの理論誌『絵画―理論手帖』Peinture-Cahiers thoriquesを71年に創刊した。
 彼らの作品の特徴としては、次の3点が挙げられる。第一にグループ名に示されているように、絵画を物質的なものとしてとらえること。その結果カンバスは木枠から外され(ドゥズーズ)、吊るされたり切られたり(ビアラ)、また丸ごと染色液につけられることになる(カーヌ)。第二には作品制作を「創造」というよりは「労働」としてとらえ返そうとすること。これは無論マルクス主義的な発想にもとづくものであり、作品は手仕事の跡を強調する。こうして、たとえば布を折り畳んだときにできる襞(ひだ)がそのまま作品の一部となっていたり(セトゥール)、単純な反復作業の結果が作品として提示される(パジェス、ビアラ)。第三に全体に明るくまた穏やかな色彩。この点では彼らの芸術も古典主義以来のフランス芸術の伝統に連なる。以上3点の結果として、彼らの作品は、彼ら自身の難解な理論への傾倒とは対照的に、暖かみのある、親しみやすいものともなっている。
 しかしこのグループには、当時の理論派にありがちなメンバー同士の分裂が絶えなかった。メンバー全員が「シュポール/シュルファス」名のもとに揃った展覧会は、71年6月、ニース市立劇場で行われたものが最後である。[林 卓行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュポール/シュルファスの関連キーワードフラングレフランス刺繍グラシューテレビ テレビでフランス語デフィフラッシュポイント 特殊機動隊SRU北海道厚岸郡厚岸町ルークシュポール《フランス語辞典》(リシュレ)トゥーシュカシュカシュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone