パトリック(英語表記)Saint Patrick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトリック
Saint Patrick

5世紀頃在世のアイルランドの守護聖人。伝説的人物。西ブリテンに生まれ,アイルランドで没したとされる。16歳のとき海賊の捕囚となりアイルランドで 6年を過ごした。後年アイルランド島への伝道に召命を自覚,司教として北アイルランドアーマーを中心地にほぼ全土改宗に成功。著書に『告白』Confessioと書簡がある。祝日は 3月17日。

パトリック
Patrick, Ruth Myrtle

[生]1907.11.26. カンザス,トピーカ
[没]2013.9.23. ペンシルバニア,ラファイエットヒル
アメリカ合衆国の水生生物学者,教育者。陸水学の先駆者の一人で,特にケイ藻(→ケイ藻類)の研究で知られる。コカー大学を卒業後,バージニア大学で植物学を学ぶ。1933~45年フィラデルフィアの自然科学アカデミーでボランティアとして働き,新しいケイ藻分類群や文献を整理するファイリングシステムを開発した。その結果,同アカデミーのケイ藻標本は世界最大規模を誇るまでとなった。チャールズ・ライマーとの共著 "The Diatoms of the United States Exclusive of Alaska and Hawaii"(2巻,1966,1975)は古典となった。その後は応用生態学,生物多様性,環境保全にまで関心を広げ,パトリックの研究がきっかけとなり世界各地の流域管理プロジェクトに人工湿地が設置された。1996年アメリカ陸水学・海洋学協会の生涯功労賞,ナショナル・メダル・オブ・サイエンスを受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パトリック(Patrick)

[387ころ~461ころ]ブリタニア生まれのキリスト教宣教師・聖人。宣教師としてアイルランドに渡り、キリスト教化の基礎をつくった。アイルランドの使徒と呼ばれる。著「告白録」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パトリック【Patrick】

389ころ‐461ころ
アイルランド人の使徒,聖人。ラテン名パトリキウスPatricius。16歳のとき奴隷としてアイルランドに連れて来られたが,6年後ガリアに逃れ,レランの修道院で修行したのち,431年ふたたびアイルランドに渡り,翌年司教に叙階された。各地でドルイド教徒の妨害を排除し,教会堂を建立し,444年にはアルマーに司教座聖堂を設け,教会行政と教育の中心とした。ラテン語の学習をはじめとして学問一般を奨励し,アイルランド教会を西欧カトリック教会の一員として再編するために努力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パトリック【Patrick】

387?~461?) ブリタニア生まれのキリスト教宣教師。聖人。アイルランドのキリスト教化の基礎を築いた。アイルランドの使徒といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パトリック
ぱとりっく
Patrick英語
Patriciusラテン語
(385/387―461)

アイルランドの修道士。アイルランドの守護聖者として広く尊崇されている。スコットランドの生まれで、少年のときアイルランド人の侵入を受け、奴隷となる。帰国後フランスのレリン、オークセール修道院で神学を学び、司教に叙せられ、当時ドルイドの異教を信じていたアイルランドに伝道し、大半をキリスト教に改宗させ、多数の教会、修道院を建てた。彼は司祭、聖歌隊、牧畜、農耕、森林の仕事に携わる者、鍛冶(かじ)、裁縫、建築、ワイン醸造、石工などを大ぜい引き連れて布教した。彼の聖者表号であるクローバーを摘んで三位(さんみ)一体を説いたという。晩年自らの伝道の生涯を記録した『告白録』が残っている。この聖者の祝日は3月17日。彼が瞑想(めいそう)と祈りの生活をした洞窟(どうくつ)のあるアイルランド中部のダーグ湖は有名な巡礼地。[植田重雄]
『ヤコブス・デ・ウォラギネ著、前田敬作・今村孝訳『黄金伝説I』(1979・人文書院/平凡社ライブラリー) ▽池田敏雄著『教会の聖人たち 上巻』改訂増補版(1981・中央出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパトリックの言及

【アイルランド】より

…河川にはサケ,マス,イワナ,ウナギ等が多いが,両生類,爬虫類は少なく,ヘビはほとんどいない。伝説では,アイルランドの守護聖人パトリックが布教の際ヘビを絶滅させたといわれる。
【住民,言語】
 住民はケルト系であるが,バイキング,ノルマン,アングロ・サクソンなどの長年にわたる移住に伴い混血が繰り返されたため,アイルランド人特有の身体的特徴は見られない。…

【クローバー】より

…クローバーの学名Trifoliumが〈三つの葉〉を意味していることからもわかるように,クローバーは3枚の葉をもつのが通常である。伝説によればアイルランドの守護聖人パトリックは433年にキリスト教の最初の布教者としてアイルランドに渡り,三位一体の難しい教義をクローバーをたとえに使って説いた。すなわち彼はクローバーを人々の前に示し,父と子と聖霊が三にして一であるのは,このクローバーが3枚の葉をもちながら1本の柄に連なっているのと同じだと説いたのである。…

※「パトリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パトリックの関連情報