コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュマルカルデン同盟 シュマルカルデンどうめいSchmalkaldischer Bund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュマルカルデン同盟
シュマルカルデンどうめい
Schmalkaldischer Bund

宗教改革時代のドイツにおけるプロテスタント諸侯,帝国都市の防御同盟。 1530年のアウクスブルク帝国会議ののち,プロテスタント諸侯が皇帝側の勢力からプロテスタントと没収教会領とを守るために翌 31年2月結成した同盟で,その中心となったのはフィリップ・フォン・ヘッセンとザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒである。諸侯のほか,マクデブルク,ブレーメン両市と若干の南ドイツ都市も参加した。皇帝が宗教上の理由から攻撃を加えてきた場合,帝国等族には武力で対抗する権利があるという M.ルターの主張を理論的基盤とする。神聖ローマ皇帝カルル5世は,イタリアをめぐるフランスとの戦争やオスマン帝国の脅威のため,長らくプロテスタントに対し宥和策をとったが,フランスとの間に和約を結んで攻勢に転じ,47年ミュールベルクの戦いでプロテスタント諸侯を敗北させてからは,同盟は事実上瓦解した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュマルカルデン同盟【シュマルカルデンどうめい】

1531年神聖ローマ皇帝カール5世に対抗するドイツの新教(ルター)派諸侯と帝国都市が中部ドイツのシュマルカルデンSchmalkaldenで結んだ同盟。トリエント公会議を契機に始まった1546年―1547年の皇帝との戦い(シュマルカルデン戦争)に敗れて1547年崩壊。
→関連項目モーリツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュマルカルデンどうめい【シュマルカルデン同盟】

中部ドイツのシュマルカルデンSchmalkaldenにおいて,新教(ルター)派の諸侯・帝国都市が,皇帝・旧教派に対抗するために結成した同盟。1530年のアウクスブルク国会において,ルター派は〈アウクスブルク信仰告白〉を公式に否認され,ウォルムス国会後に出された勅令の施行を再び強制されたために,31年末日にザクセン選帝侯,ヘッセン方伯を首長に防衛同盟を結んだ。後に西南ドイツ諸都市が正式に加入して,同盟文書上では32年2月27日が同盟発足日となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シュマルカルデンどうめい【シュマルカルデン同盟】

宗教改革期にルター派の諸侯・帝国都市が結成した防衛同盟。神聖ローマ帝国皇帝のプロテスタント圧迫に対抗して1532年中部ドイツのシュマルカルデン(Schmalkalden)で締結。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュマルカルデン同盟
しゅまるかるでんどうめい

宗教改革時代にドイツの新教派諸侯、帝国都市が結んだ同盟。神聖ローマ皇帝カール5世が1529年のシュパイエル国会で新教の容認を拒否し、30年のアウクスブルク国会で新教派の「アウクスブルク信仰告白」をも否認すると、31年新教派諸侯、帝国都市は、ザクセン選帝侯、ヘッセン地方伯を指導者として中部ドイツのシュマルカルデンSchmalkaldenに同盟し、信仰のために圧迫を受けた場合の相互援助を約した。同盟はフランス、イギリス、デンマークにも援助を受けるために働きかけ、国内でも加盟する諸侯、都市が増大したが、内部に対立があり、46年カール5世により起こされた同盟制圧のためのシュマルカルデン戦争(~1547)で皇帝派に敗北し、瓦解(がかい)した。[中村賢二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュマルカルデン同盟の関連キーワードモーリッツ(ザクセン公)シュマルカルデン条項宗教改革史(年表)ヨハン(堅忍公)スライダーヌススレイダヌス宗教戦争宗教改革

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android