コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット=ロットルフ シュミット=ロットルフSchmidt-Rottluff, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュミット=ロットルフ
Schmidt-Rottluff, Karl

[生]1884.12.1. ケムニッツ,ロットルフ
[没]1976.8.10. ベルリン
ドイツの画家,版画家。ドイツ表現主義の代表者の一人。ドレスデンで建築を学んだが絵画に転じ,1905年 E.キルヒナー,E.ヘッケルらと「ブリュッケ」を創設。 11年ベルリンに移住した。 23~24年イタリア,パリを旅行。 33年ナチスの迫害を受けてプロシア・アカデミーから追放され,41年には一切の制作を禁じられた。第2次世界大戦後ベルリン美術学校教授。 V.ゴッホの影響から出発して表現主義に進み,黒人芸術やキュビスムの影響を受けた。後年は特に色彩問題を追究。早くから版画を手がけ,約 700点の版画を制作した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュミット=ロットルフの関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)ウィリアムズキンダークロイツァー洪英植ジョイナートルーマンブリスクヘリゲルリデル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュミット=ロットルフの関連情報