コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュミット・ロットルフ シュミットロットルフ

2件 の用語解説(シュミット・ロットルフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュミット・ロットルフ

ドイツ表現主義の画家。1905年ドレスデンで〈ブリュッケ〉結成に参加。1947年ベルリン美術学校教授。初期の作品はゴッホ,後期はキルヒナーの影響が濃い。抑えた色彩と落ちついた形態により,モニュメンタルな作品を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュミット・ロットルフ
しゅみっとろっとるふ
Karl Schmidt-Rottluff
(1884―1976)

ドイツの画家。ケムニッツ近郊ロットルフ生まれ。1905年ドレスデンの工芸学校建築科に籍を置いたが、同年、同窓のキルヒナーヘッケルらと絵画の革新を目ざすグループブリュッケ(橋)」を結成し、以後同グループの重要メンバーとして絵画に専心した。11年ベルリンに移住し、表現主義的な雰囲気のなかで活躍、同地に没した。初期にはフォービスムに影響された激しい表現を行ったが、第一次世界大戦以降は鎮静化したモニュメンタルな様式に向かった。風景、静物のほか宗教的な制作もある。石版、木版も手がけた。代表作に『アトリエの休息』(1910・ハンブルク芸術ホール)がある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュミット・ロットルフの関連キーワードウェデキントココシュカ新即物主義ノルデ表現主義ヘッケルホドラーマイセン磁器ゼンパードレスデン城

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone