コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュモラー Schmoller, Gustav von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュモラー
Schmoller, Gustav von

[生]1838.6.24. ハイルブロン
[没]1917.6.27. バートハルツブルク
ドイツ歴史学派の代表的経済学者。テュービンゲン大学卒業。官吏辞任後,ハレ (1864) ,シュトラスブルク (72) ,ベルリン (82) の各大学で教え,後期歴史学派の指導者となった。抽象的,非現実的な古典派経済学に対し,経済現象の経験的・歴史的研究を提唱,ドイツ行政史の一側面として経済史の膨大な実証主義的研究を残し,18世紀プロシア王国の国制史と行政史に関する膨大な史料集"Acta Borussica"の編纂を指導した。一方,社会主義に反対しながらも,資本主義の生み出した悪を批判,経済学に倫理的基礎を与えようとし,社会政策の必要を主張,その歴史的,帰納的方法をめぐり K.メンガーとの間に方法論論争,また倫理的・政策的判断に関し M.ウェーバーとの間に価値判断論争を展開した。経済学者の最大の団体「社会政策学会」の創設を主導。 A.ワーグナーらの国家社会主義的右派と L.ブレンターノらの自由主義的左派との中間に位置した。主著『国民経済学概論』 Grundriss der allgemeinen Volkswirtschaftslehre (1900~04) 。 1881年に彼が発刊した『立法・行政および国民経済学年報』 (略して『シュモラー年報』 Schmollers Jahrbuch) は国制史・経済史研究の重要文献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュモラー(Gustav von Schmoller)

[1838~1917]ドイツの経済学者。新歴史学派代表者で、社会政策学会を設立し、指導的役割を果たした。また、「シュモラー年報」を創刊。著「国民経済学原論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュモラー

ドイツの経済学者,新歴史学派講壇社会主義)の代表者。ベルリン大学教授。経済生活は倫理的価値実現をめざす文化生活であり,経済学は道徳的学問であるべきだとして理論よりも歴史,特に経済史の研究を強調した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュモラー【Gustav von Schmoller】

1838‐1917
ドイツの経済学者。新歴史学派の重鎮。ビュルテンベルクに生まれチュービンゲン大学に学ぶ。最初生地の官吏となるが関税政策を批判して罷免され,1864年ハレ大学の経済学教授になり,シュトラスブルク大学を経て,82年ベルリン大学教授となって1913年まで在職。プロシア政府に重んじられて大学内外で行政上の要職につく一方,1872年社会政策学会を設立・主導し,また《シュモラー年報》(ただし,この名称は後年つけられたもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シュモラー【Gustav von Schmoller】

1838~1917) ドイツの経済学者。社会政策学会を設立、「シュモラー年報」と呼ばれる研究誌を創刊。 M =ウェーバーと価値判断、 C =メンガーと方法論をめぐり論争。著「国民経済学原論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュモラー
しゅもらー
Gustav von Schmoller
(1838―1917)

ドイツの経済学者。後期(新)歴史学派の中心的存在。チュービンゲン大学で学び、ハレ大学、シュトラスブルク大学教授を経て、1882年ベルリン大学教授(~1912)。1873年、A・ワーグナー、L・ブレンターノらと社会政策学会を設立し、指導的役割を演じた(90年以降会長)。78年以降『国家学・社会科学研究双書』Staats-und Sozialwissenschaftliche Forschungenの編集に参加し、また81年、彼を中心に創刊され、後期歴史学派の研究発表機関となった『立法・行政および国民経済のための年報』Jahrbuch fr Gesetzgebung, Verwaltung und Volkswirtschaftは、しばしば『シュモラー年報』と通称される。
 シュモラーは『19世紀ドイツ小工業の歴史』Zur Geschichte der deutschen Kleingewerbe im 19. Jahrhundert(1870)で名声を確立し、前期(旧)歴史学派の人々同様、経済史の研究を重要視したが、有名なC・メンガーとの方法論争や、M・ウェーバーとの価値判断論争の通俗的解説から印象づけられがちなほど理論を排したり、政策論議における倫理の理論や事実に対する優越性を主張したわけではない。経済学は理論のみを偏重することなく、補助科学としての経済史研究や心理学・倫理学の援助をも求めるべきである、というのが彼の中心的主張であったといってよい。主著は『国民経済学原論』Grundriss der allgemeinen Volkswirtschaftslehre2巻(1900、04)。[早坂 忠]
『山田伊三郎訳『国民経済学原論』全2巻(1914、16・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

シュモラー

生年月日:1838年6月24日
ドイツ歴史学派の代表的経済学者
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シュモラーの関連キーワードゲイ(Edwin Francis Gay)ブレンターノ(Lujo Brentano)エドウィン・フランシス ゲイA.A.C. シュピートホワ社会政策学会(ドイツ)ジョージ アンウィングスタフ シュモラーシュピートホフコンラートブライジヒ経済と社会リーフマンゾンバルト旧歴史学派アンウィン価値判断方法論争社会王制生年月日メンガー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android