コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウドウツバメ(小洞燕) ショウドウツバメ sand martin

翻訳|sand martin

1件 の用語解説(ショウドウツバメ(小洞燕)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ショウドウツバメ【ショウドウツバメ(小洞燕) sand martin】

スズメ目ツバメ科の鳥(イラスト)。砂泥質の崖に横穴を掘って巣とするのでこの名がある。ユーラシア北アメリカ両大陸の温帯から亜寒帯で繁殖し,それぞれの大陸の熱帯から南半球にかけて越冬する。日本では5月上旬ころ渡来,8月中旬~9月中旬に渡去する夏鳥で,北海道で繁殖する。本州以南では春秋に通過するだけの旅鳥だが,9~10月ころ各地の河川,海岸,湖沼などで大小の群れを見る。浜名湖霞ヶ浦ではツバメとともに少数が越冬し,浜名湖ではねぐらに人家の室内も利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ショウドウツバメ(小洞燕)の関連キーワード穴燕雨燕岩燕燕雀類花鳥腰赤燕小洞燕燕鰶紅雀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone