コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリカゲル シリカゲル silica gel

翻訳|silica gel

7件 の用語解説(シリカゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリカゲル
シリカゲル
silica gel

水ガラスのアルカリを水和しゲル化したのち乾燥してつくるケイ酸のゲル。非常に大きな吸着力をもち,空気中の水分を吸着除去する除湿剤,あるいは低沸点炭化水素の分離採取などに広く使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シリカ‐ゲル(silica gel/〈ドイツ〉Silikagel)

珪酸(けいさん)が部分的に脱水してゲル化したもの。吸着力が強い無色または白色の固体。吸着剤・乾燥剤・脱水剤などに使用。組成式はSiO2nH2O

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シリカゲル

吸着力の強いケイ酸ゲルで,成分は二酸化ケイ素SiO2・nH2O(水分は2〜10%)。無色ないし淡黄色,透明ないし半透明の固体。比重2〜2.5。多孔性で,表面積は1gにつき500〜700m2/gに達し,脱水剤,乾燥剤,吸着剤として用いられる。
→関連項目乾燥剤ケイ(珪)酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

シリカゲル

 SiO2nH2O.非晶質のケイ酸で,乾燥剤,吸着剤などに使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シリカゲル【silica gel】

水ガラス(ケイ酸ナトリウム)の水溶液に酸を加えることにより生成する含水ケイ酸ゲル(ヒドロゲル)を洗浄し,加熱脱水して得られる白色の固体で,二酸化ケイ素(シリカ)SiO2nH2Oからなる。数nmの孔が無数に開いており,このため内部表面積は500~700m2/gに達する。水H2O,二酸化イオウSO2その他の極性物質を吸着する性質が強く,このため空気の乾燥剤として用いられる。一定量の水分を吸着すると除湿能力は失われるが,外見からこの状態を判定するためにシリカゲル塩化コバルトをしみこませて青色とし,塩化コバルトが結晶水を得てその色が桃色に変わったことにより吸着能力を失った目安にするものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シリカゲル【silica gel】

ケイ酸のゲルで、半透明の白色の固体。吸着力が強く、乾燥剤などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリカゲル
しりかげる
silica gel

ケイ酸のゲルのこと。成分はSiO2nH2Oである。水分子の数は条件によって変わる。天然に存在するケイ酸の多くはシリカゲルとして産する。合成品は、水ガラス(ケイ酸ナトリウム)水溶液と、硫酸または塩酸との複分解によって得られるシリカゾルをゲル化させる。普通、無色の粒状物として市販され、比重は2.2~2.3。酸には強いが濃アルカリ溶液に徐々に溶ける。水蒸気、アンモニアガスなど多くの物質に対して吸着力が強い。コバルト()塩をしみ込ませたものは、無水のときは青色、吸湿すると淡紅色に変化する。淡紅色となったものを加熱すると脱水されて、ふたたび青色となり、乾燥剤として広く用いられる。そのほか、脱水剤、クロマトグラフィー用吸着剤、触媒の担体などとしても用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシリカゲルの言及

【乾燥剤】より

…そのほかモレキュラーシーブ(分子ふるい)は,合成アルミノケイ酸アルカリで,三次元網目構造の結晶格子の空間に一定の大きさの分子のみをとりこむ物質で,水分子のみをとり出すモレキュラーシーブは精密な実験に適していることがある。またシリカゲルは活性な化学物質と違って,取扱いが容易であり,また安全性が高く,吸湿能力が低下しても加熱脱水することによって容易に再生できるので(塩化コバルトを吸着させたものは,青色のとき吸収能力があり,なくなるとピンクになる),タバコ,茶,のり(海苔)などの食品,医薬品などの防湿用に普通に用いられている。【中原 勝儼】。…

【酸性白土】より

…ベントナイトの硫酸処理などにより製造される場合もある。酸性白土を酸処理してシリカゲル,アルミナシリカゲル,あるいは吸着能をさらに高めた(活性化した)活性白土などを製造する場合もある。【湊 秀雄】。…

【二酸化ケイ素(二酸化珪素)】より

…オパールはその一つで,密度は2.1~2.3g/cm3,融点は1600℃以上である。 実験室で可溶性のケイ酸塩水溶液に適当な酸を加えたコロイド状ケイ酸を蒸発乾固させると,しばしばシリカゲルと呼ばれる多孔質の無定形二酸化ケイ素が得られる。これを融剤とともに適当な温度,圧力で融解し,適当な熱力学的条件に保てば,条件に応じて,石英,リンケイ石,クリストバライトの任意の結晶が得られる。…

【水ガラス】より

…日本では一般に乾式法が行われているが,高純度の可溶性白土が得られる条件があれば,湿式法が有利である。水ガラスは強いアルカリ性であるが,これを酸で中和して得られた沈殿を乾燥したものがシリカゲルで,乾燥剤として多量に使用されている。また,セッケンの製造用,接着剤用,土木工事における土質改良剤などの用途もある。…

※「シリカゲル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シリカゲルの関連キーワード塩素酸ナトリウム水ガラス亜硫酸ナトリウム珪酸ナトリウム亜塩素酸ナトリウム過塩素酸ナトリウムケイ酸ナトリウム(珪酸ナトリウム)リン酸ナトリウム(燐酸ナトリウム)オルトケイ酸ナトリウムメタケイ酸ナトリウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シリカゲルの関連情報