コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロカネソウ Dichocarpum stoloniferum (Maxim.) W.T.Wang et Hsiao(=Isopyrum stoloniferum Maxim.)

2件 の用語解説(シロカネソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シロカネソウ【Dichocarpum stoloniferum (Maxim.) W.T.Wang et Hsiao(=Isopyrum stoloniferum Maxim.)】

山地の湿り気のある落葉広葉樹林の下に生えるキンポウゲ科多年草イラスト)。ツルシロカネソウともいう。根茎は細長く横にはい,匍匐(ほふく)枝を出して繁殖する。茎は高さ10~20cm,基部にはふつう1枚の長い柄のある根生葉があり,上部には1対の茎葉を対生する。葉柄の基部には発達した葉鞘(ようしよう)がある。葉は鳥足状複葉で,小葉はふつう5枚,鋸歯がある。花はふつう茎の先に1個,ときに茎葉の腋(わき)より分枝を出し,それに1対の茎葉と1個の頂生する花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロカネソウ
しろかねそう / 白銀草
[学]Dichocarpum stoloniferum (Maxim.) W. T. Wang et Hsiao

キンポウゲ科の多年草。地下茎が長く伸びるのでツルシロカネソウともいう。茎は高さ10~20センチメートル。葉は1回3出複葉。5~6月、茎の先に白色で径約1センチメートルの花を2、3個開く。花弁状の萼片(がくへん)と、細い柄のある黄色の花弁がある。袋果は2個あり、水平に開出する。山地の落葉広葉樹林内に生え、中部、近畿地方に分布する。近縁のトウゴクサバノオは本種に似るが、地下茎が発達しない。シロカネソウ属は日本からヒマラヤにかけて18種あり、日本には8種分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone