コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンジュ

4件 の用語解説(シンジュの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シンジュ

ニワウルシとも。中国原産で各地で庭木とされるニガキ科の落葉高木。明治初年に渡来。葉は大型の奇数羽状複葉で長さ50〜90cm,小葉は6〜12対あり,長卵形,先はとがり,基部近くに1〜2個の鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シンジュ【tree of heaven】

中国北部原産のニガキ科の落葉高木で,高さ20mに達し,根を傷つけるとひこばえを出す性質がある。秋の紅葉が美しいので,ニワウルシともいう。樹皮は平滑で浅裂し,若枝は赤褐色で柔毛を散生する。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ45~90cm,もむと少し臭気がある。小葉は13~25枚,卵状披針形,長さ7~12cm,膜質,先端はとがり,基部近くに2~4個の鋸歯があり,歯端に1個の腺がある。多くは雌雄異株で頂生の円錐花序は長さ10~30cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンジュ
シンジュ

ニワウルシ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンジュ
しんじゅ / 神樹
[学]Ailanthus altissima Swingle

ニガキ科の落葉高木。ニワウルシ(庭漆)ともいう。高さ10~20メートルに達する。葉は互生し、大形の羽状複葉で長さ40~70センチメートル。小葉は6~12対あり、卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~13センチメートル、先は鋭くとがり、基部は左右不同で1、2対の鋸歯(きょし)があり、鋸歯の先に大きな腺体(せんたい)がある。雌雄異株。6月ころ、枝の先に長さ20~30センチメートルの円錐(えんすい)花序を頂生し、径約8ミリメートルの小さな緑白色花を多数開く。花弁は5枚、長楕円状披針(ひしん)形で基部に白色の毛が密生する。雄花は雄しべ10本、雌花には5心皮の子房がある。果実は翼果、披針形で長さ4~5センチメートル、薄い羽根の中央に種子がある。中国北中部原産で、日本には1877年(明治10)ころ渡来した。名はドイツ名のゲッタバウムGtterbaum(神樹の意味)に基づく。英名はtree of heaven(天の木の意味)。成長は速く、庭園樹、街路樹として広く植栽される。繁殖は実生(みしょう)または根から出る新苗を株分けする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンジュの関連キーワードマニホットゴムノキ赤四手苦木信濃柿神樹和林檎科の木山柿ニガキデイゴ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンジュの関連情報