コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーギリヤ Sigiriya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーギリヤ
Sigiriya

スリランカ中部にある古城址。コロンボ北東約 150kmに位置。 477年カッサパ1世が「ライオンの山」と呼ばれる花崗岩の山の頂上に城を築き,王宮要塞として 18年間使用した。頂上へいたる道筋にある石窟壁画 (→シーギリヤ壁画 ) は,インドのアジャンタ壁画に類似して有名。 1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シーギリヤ(Sigiriya)

スリランカ中部の遺跡。ポロンナルワの西約30キロメートル、高さ約180メートルの切り立った岩山に位置する。5世紀、シンハラ王朝のカッサパ1世が父であるダートゥセーナを殺害し、配下の報復を恐れて岩山の頂上に王宮を築いた。その後、仏教徒に寄進され、僧院として使用された。岩山の中腹に描かれた極彩色の女人像が有名。1982年に「古代都市シーギリヤ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シーギリヤ

〈獅子山〉の意。スリランカ中部にある高さ180mの花コウ岩の大岩塊。西側中腹に六つの浅い石窟があり,そのうち四つに壁画がある。アジャンターの壁画に似た画法等身大天女が描かれ,5世紀末のインド絵画の資料として貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シーギリヤ【Sīgiriya】

スリランカのポロンナルワの西方約30kmにそびえる標高約180mの岩山で,5世紀末期のカッサパ1世が居城としていたという。ライオンが宮殿を背負う形をとるところから獅子の山(シンハ・ギリ)と呼ばれ,現名はその転訛である。岩山の西側岩壁の中腹からやや上方にある数個のくぼみに,カッサパ1世のころと考えられる壁画がある。散華する豊麗な貴婦人を痕跡も含めて総数22体を横に並べた単純な図柄である。豪華な宝冠をいただき,上半身裸体で種々の装身具を着け,腰布をまとった下半身を雲中に没している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーギリヤ
しーぎりや
Sigiriya

スリランカ(セイロン)のポロンナルワの西約30キロメートルの樹林地帯にそびえたつ、高さ約180メートルの岩山。「獅子(しし)の山」を意味し、壁画で有名。カッサパ王Kassapa(在位478~496)が父王を殺害し、その配下の仕返しを恐れて城を築いた。その周囲に堀や土塁を巡らし、頂上には岩をうがって築いた宮殿や貯水槽の跡がある。岩山の西の中腹の細長いくぼみに、厚く漆食(しっくい)を置き壁画が描かれている。極彩色で、上半身を雲の上に現し、豪華な装身具を身に着けた女人の群像である。宗教画か、単なる風俗画か、またいつごろの作か確証はないが、インドのアジャンタやバーグの壁画との関連から、5世紀末ごろの制作と考えられている。1982年に「古代都市シーギリヤ」として世界遺産の文化遺産に登録されている(世界文化遺産)。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシーギリヤの言及

【インド美術】より

…輪郭線に沿って隈取りをほどこし,白によってハイライトを強調して立体感を出すところに表現上の特色がある。また,スリランカのシーギリヤには雲中の天女群像の優品があり,バーグ石窟のそれは褪色がはげしく,断片的ながらバーダーミ,エローラ,シッタンナバーシャルなどにもある。 細密画は11世紀ごろから,東インドの仏教,グジャラート地方のジャイナ教の経典挿絵として始まった。…

※「シーギリヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーギリヤの関連キーワードスリランカ美術杉本 哲郎仏画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーギリヤの関連情報