コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーレ Schiele, Egon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーレ
Schiele, Egon

[生]1890.6.12. ツルン
[没]1918.10.31. ウィーン
オーストリアの画家。 1906~09年ウィーンの美術アカデミーで学び,初めグリーペンケルル,次いで G.クリムトの弟子となり,クリムトの影響を強く受けた。神経質に折れ曲る線を特徴とし,人間を主題とする感情表現にすぐれた作品で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シーレ

オーストリアの画家。1907年にクリムトと出会い,その影響下に創作活動を開始する。ウィーンのゼツェッシオンの第2世代に当たり,優れた素描力を駆使して,クリムトの装飾性とは異なる表現主義的な画風を展開した。
→関連項目フンデルトワッサー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シーレ【Egon Schiele】

1890‐1918
オーストリアの画家。ウィーン北東郊トゥルン生れ。ウィーン美術学校中退後,1909年に仲間と〈新美術集団Neukunstgruppe〉を結成。クリムトの影響を受けた初期の装飾的画法から,内観表出を目ざす表現主義へと向かう。死や没落と二重映しの自画像枯木風景画,沈黙の都市像などには,第1次大戦で崩壊するハプスブルク家王国,とりわけウィーンの終末が暗示されている。15年の結婚後画風は現実肯定的になるが,終戦直前に妻と相前後してスペイン風邪で早世した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シーレ【Egon Schiele】

1890~1918) オーストリアの画家。病的な官能性を帯びた容赦のない裸体表現で、人間存在の不安を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーレ
しーれ
Egon Schiele
(1890―1918)

オーストリアの画家、素描家。6月12日トゥルンに生まれる。1906~09年ウィーン美術学校に学び、のちクリムトの知遇を得てその影響を受けた。09年若い同僚たちと「新芸術グループ」をつくった。彼は主として男女の人体の病的な肉感性を、神経過敏な硬質の描線と強烈な色彩のアクセントをつけて描いた。その大胆なエロティシズムは衝撃的で、そのため12年に拘禁されたことがある。夢幻的な風景のほか、『女と二人の子供』(1917・ウィーン、オーストリア絵画館)のような不安に満ちた母子像の作もある。18年10月31日ウィーンで夭折(ようせつ)。死後一時忘れられたが、近年彼の描く実存的な人間像が再評価されている。[野村太郎]
『E・ミッチ著、坂崎乙郎監訳『エゴン・シーレ画集』(1983・リブロポート) ▽坂崎乙郎著『エゴン・シーレ』(1984・岩波書店) ▽F・ウィットフォード著、八重樫春樹訳『エゴン・シーレ』(1984・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シーレの関連キーワードセレツェ・カーマ・イアン カーマ西太平洋地域ミサイル防衛構想研究インターオペラビリティー[軍事]パトリック グランヴィルフンチヤン(渾江)特別市マチュー カリエール「真珠の首飾り」戦略日米防衛協力小委員会フェスタス モハエボカ・ジュニアーズツングース語系諸族マラッカ海峡と海賊ベルベデーレ宮殿アフリカ大地溝帯ジョゼフ ブースシーレーン防衛エゴン・シーレマラウィ[湖]ブランタイア南シナ海問題

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーレの関連情報