コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムグリ Elaphe conspicillata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジムグリ
Elaphe conspicillata

トカゲ目ヘビ科。体長 80cmに達する。背面は灰褐色で,頭に八字状の黒色斑がある。腹面は黄色で,腹鱗の両側端に明瞭な黒色斑があり,市松模様を表わしている。幼体は背面赤紅色で黒色の横斑があり,成体とは別種のようにみえる。日本固有種で,北海道,本州,四国,九州に分布し,おもにネズミ類を食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジムグリ

ナミヘビ科の無毒ヘビ。全長1m前後。日本の固有種で,全国に分布する。体背面は赤褐〜黄褐色,腹面は淡黄色で小さい黒斑が散在し,幼体の背面の地色赤色。標高2000mの高山帯にまで分布し,もっぱら森林耕地のノネズミ類を捕らえるので有益。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジムグリ
じむぐり
[学]Elaphe conspicillata

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科のヘビ。ネズミ類を捕食する有用な無毒種で、俗称をゲンロクヘビ(元禄(げんろく)蛇)という。北海道、本州、四国、九州および大隅諸島などの離島に分布する。全長80~120センチメートル、頭部はやや細長く吻(ふん)部が長くて丸みを帯びる。体鱗には弱い隆条があるが、滑らかで光沢がある。体背面は赤褐色または黄褐色で、青く縁どりされた黒色の小斑点(はんてん)が散在する。幼体では背面の赤みが強く、黄色く縁どりされた多数の黒斑または黒色横帯があるが、成長とともに薄れる。腹面は橙(だいだい)がかった赤色で市松模様の黒斑が並び、本種の特徴となっている。山地の森林にすみ、名のとおり動物の巣穴に潜って、もっぱらネズミ類、食虫類などの小哺乳(ほにゅう)類を捕食する。人間にとっては、農林業に大きな被害を与える害獣を捕食する有用なヘビとなり、森林の小哺乳類には手ごわい天敵となっている。性質はきわめておとなしい。本州の高地に産するアカジムグリE. japonicaは別種とされる。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジムグリの関連キーワードヒメアマガエルジムグリガエルアカジムグリ元禄蛇

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android